Windows XP Media Center Editionがやってくる
2003年10月15日に発表された「Windows XP Media Center Edition 2004」は、誰でも使える家電的PCの色彩を強めており、リビングに置いて使われることを目的としたOS、とも言えるだろう。各社から発売されているWindows Media Centerマシンをレビューしてみたい。

■Windows XP Media Center Edition 2004搭載マシン一覧

第1回:
富士通 FMV-DESKPOWER C90EW/C

第1回目はMCE2004国内発表の先陣を切った富士通FMVのCシリーズ(FMVC90EW/C)だ。発表が国内版MCE2004発表前と言うのもさることながら、AMDのAthlon64 3200+を使っているという点も異色だ。

第2回:
NEC VALUESTAR U VU700/7G

第2回目はNECの「VALUESTAR U VU700/7G」だ。本体と17インチSXGA表示の液晶、そして「SoundVu」を組み合わせたモデルとなっており、省スペースでマルチメディア環境を楽しめるPCとなっている。

第3回:
MCJ EasyCube M61D

第3回はエムシージェイの「EasyCube M61D」を評価してみよう。11リットルのコンパクトなキューブ型筐体に収まっているMCE2004マシンだ。その実力のほどを見ていきたい。

第4回:
デル Dimension 4600C

デルの「Dimension 4600C」は、コンパクトな筐体を採用したWindows XP Media Center Edition 2004マシンだ。他社とは異なり、ビデオキャプチャ機能を「ALL-IN-WONDER 9000」で実現しているのが特徴だ。

第5回:
東芝 DynaBook G9/X24PDCWTB

唯一発売されているノートPCのWindows XP Media Center Edition 2004マシンが「DynaBook G9」だ。harman/kardonスピーカーシステムを搭載するなど、音にこだわった作りも見られる。

第6回:
ソーテック PC STATION PA7250MR

ソーテックの「PC STATION PA7250MR」は、スリムな筐体で構成されるMCE2004マシンで、本体が12万9800円と価格的にもこなれており、まだ本格的な販売は始まっていないが、期待の持てるマシンだ。

第7回:
ビジュアルテクノロジー VT-50

今回はビジュアルテクノロジーの普及版マシン「VT-50」だ。MicroATXのフツーなショップブランドマシンのようにも見えるが、拡張スロットにはグラフィックスカード、キャプチャカードに加え、サウンドカードも追加されている。

最終回:
ビジュアルテクノロジー VT-100

昨年11月から今回まで8回にわたってお届けしたWindows XP Media Center Edition 2004搭載マシンのレビューも、これでひとまず区切りをつけようと思う。最後のマシンは、トリを飾るのにふさわしい超高級モデル「VT-100」だ。


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!