ニュース
» 2009年03月06日 15時11分 UPDATE

jig.jp、ケータイ向け高画質ムービーのライブ配信に対応したエンコーダーを発売

jig.jpは、携帯電話向けにワイド画面の高画質ムービーをライブ配信できる動画プラットフォーム「jigムービー Ver.4.2.0 リアルタイムエンコーダー」を発売した。

[平賀洋一,ITmedia]

 jig.jpは3月6日、携帯電話向けの動画配信プラットフォーム「jigムービー Ver.4.2.0 リアルタイムエンコーダー」を発売した。スポーツ中継や音楽イベントのライブ映像を、横画面の高画質映像で携帯電話へリアルタイムに長時間配信できる。

 同社は、事前にエンコードした動画をリクエストに応じて配信するVOD用の動画配信プラットフォーム「jigムービー」を販売しており、jigムービー リアルタイムエンコーダーはすでにjigムービーを導入した企業に追加提供していたもの。ケータイ向けライブ配信のニーズの高まりを受け、2008年11月よりパッケージ販売を開始した(2008年11月の記事参照)

photophoto 「jigムービー Ver.4.2.0 リアルタイムエンコーダー」の操作画面

 Ver.4.2.0では、VOD用jigムービーではすでに対応していた最大動画サイズ427×240 ピクセル、標準ビットレート600kbpsのエンコードを実現(有料カスタマイズが必要)。対応する携帯電話に、長時間のワイド画面高画質ムービーの配信が可能となった。この技術は、3月14日に行われる日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」の開局20周年イベント「くるしゅ〜ナイト★フィーバー」のライブ配信にて、動画視聴用iアプリムービーに採用されたという。

 価格は20万7900円。再生用のプレーヤーが無料で付属する。またエンコーダーの購入のみで、オープンサイトによる商用利用が可能。jigムービー Ver.4.x リアルタイムエンコーダーからのバージョンアップは無料で行える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.