ニュース
» 2009年03月27日 10時32分 UPDATE

SaaS型法人サービス「Zoho」のモバイル版が登場――iPhone、スマートフォンに対応

アドベントネットがSaaS型ビジネスソリューション「Zoho」のモバイル版をリリース。iPhone対応の「iZoho」、その他のスマートフォン向けの「Zoho Mobile」を日本語化し、3月下旬から順次提供する。

[ITmedia]

 アドベントネットは3月26日、同社のSaaS型ソリューション「Zoho」のうち、新たにiPhone対応の「iZoho」を日本語版サービスとして提供開始すると発表した。iPhone以外のスマートフォンに対応する「Zoho Mobile」についても、3月末までに日本語版サービスを提供するという。

 Zohoはブラウザのみで利用できるSaaS型ソリューション。コラボレーションサービスやオンラインオフィス、CRMサービス、ドキュメント管理、プロジェクト管理、HTMLフォーム作成およびデータベース構築、グループウェア、Web会議、請求書・見積書の作成など、さまざまなソリューションを利用できる。

 iZohoとZoho Mobileは、それぞれiPhoneとその他のスマートフォンに対応したモバイル版のZohoサービスで、各スマートフォンのブラウザから、Zohoサービスのうちオンラインメール「Zoho Mail」、オンラインカレンダー「Zoho Calendar」、オンラインワープロ「Zoho Writer」、オンライン表計算「Zoho Sheet」、オンラインプレゼンテーション「Zoho Show」、オンラインDBアプリケーション「Zoho Creator」の6サービスを、携帯用簡易版サービスとして利用できる。

 Zohoサービスへの登録は無料で、Zoho Creatorは、2ユーザーまでのパーソナル版の利用料金は無料。パーソナル版3ユーザーパックは月額利用料金2300円、ビジネス版は5ユーザーパックが月額3800円から。Zoho Mailは1メールアカウントのフリー版は無料、複数メールアカウント向けのプロフェッショナル版は月額500円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう