ニュース
» 2009年05月20日 12時50分 UPDATE

ドコモの2009夏モデル、アクロディアの「VIVID UI」「VIVID Movie」などを採用

アクロディアの携帯電話向けミドルウェア「VIVID UI」「VIVID Movie」「VIVID Avatar Maker」が、ドコモの夏モデルに採用された。

[ITmedia]

 アクロディアは5月19日、同社の携帯電話向けミドルウェア、「VIVID UI」「VIVID Movie」「VIVID Avatar Maker」が、NTTドコモの2009夏モデルに搭載されたことを発表した。

 VIVID UIとVIVID Movieは、2007年8月の包括ライセンスにより905iシリーズから一部を除く全機種に搭載されており、今回、2009夏モデルに発売予定の新モデル16機種にも搭載される。

 VIVID UIおよびVIVID Movieはドコモが提供するサービス「きせかえツール」に対応。VIVID UIは「ダイレクトメニュー」に加え、ドコモの最新サービス「iコンシェル」および「iウィジェット」に対応している。

 アクロディアとエイタロウソフトが共同開発したVIVID Avatar Makerは、「iアバターメーカー」として搭載される。iコンシェルに対応しており、利用者はiアバターメーカーで生成したアバターデータを、マチキャラとして使用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.