ニュース
» 2009年05月25日 18時12分 UPDATE

イー・モバイル、データ通信ユーザー向け国際ローミングサービスを提供

イー・モバイルが5月25日、「EMモバイルブロードバンド」ユーザー向けに、25カ国で国際ローミングサービスを提供すると発表した。6月1日から利用可能になる。

[ITmedia]

 イー・モバイルが5月25日、データ通信サービス「EMモバイルブロードバンド」契約ユーザーに対して、世界25カ国・31事業者のサービスエリアでデータ通信の国際ローミングサービスを提供すると発表した。サービスは6月1日からスタートする。

 データ通信の国際ローミングサービスは、イー・モバイルカスタマーセンターに申し込みをすることで利用可能になる。サービス内容は、すでに音声端末向けに提供しているものと同じだ。パケット通信料は25Kバイトまで50円、以降1Kバイトあたり2円(一部地域では50Kバイトまで100円、以降1Kバイトあたり2円)の従量課金で、月々の利用限度額が5万円に設定されている。なお国際ローミング中のパケット通信料は、各料金プランのデータ通信料や無料通信分の適用対象外だ。サービスを利用するには、W-CDMAの国際ローミングに対応した「D11LC」「D12HW」「D21HW」「D22HW」「D23HW」や、W-CDMAのや、とGSMの両方に対応した「D12LC」「D21LC」を利用する必要がある。

提供エリア・提供料金(2009年6月1日現在)
提供エリア 事業社名(略称) 3G GSM 料金
米国(本土) AT&T 25Kバイトまで50円
(以降2円/Kバイト)
ハワイ AT&T
カナダ Rogers
グアム DOCOMO PACIFIC
Pulse Mobile
サイパン DOCOMO PACIFIC
英国 T-Mobile(UK)
スウェーデン Telenor
スペイン Vodafone España
ドイツ T-Mobile D
ハンガリー T-Mobile Hungary 50Kバイトまで100円
(以降2円/Kバイト)
フランス Bouygues Telecom 25Kバイトまで50円
(以降2円/Kバイト)
Orange France
ブルガリア BTC
ベルギー BASE
ポルトガル Sonaecom
モナコ Bouygues Telecom
Orange France
ロシア MTS
インドネシア HCPT
韓国 SK Telecom
シンガポール M1
StarHub
タイ AIS
dtac
台湾 Chunghwa Telecom Mobile
Far EasTone
TWM
中国 China Mobile
香港 CSL
Hutchison
PCCW
SMC
マレーシア DiGi
オーストラリア Optus

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.