ニュース
» 2009年06月10日 14時48分 UPDATE

期待の春商戦も不調 200万台を下回り10カ月連続マイナス――JEITA 4月携帯出荷台数

電子情報技術産業協会(JEITA)が2009年4月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。4月の累計出荷台数は193万2000台と3月度から100万台弱も下回り、期待の春商戦期も不発だった。

[平賀洋一,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は6月10日、2009年4月度の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。累計出荷台数は前年同月比58.5%の193万台となり、3カ月ぶりに200万台を下回った。前年同月比は10カ月連続マイナス。

photo 携帯電話の出荷台数の推移

 春商戦は年度が切り替わり新生活が始まるなど、1年で最大の商戦期であるが、新機種の盛り上がりに欠けたことや景気後退の影響を強く受け、3月度の290万2000台から97万台も下回るなど、過去に例を見ない低調なものとなった。

 4月度の携帯電話出荷台数は188万3000台(前年同月比60.1%)、PHS出荷台数は4万8000台(前年同月比29%)とともに10カ月連続マイナスとなった。ワンセグ対応モデルの出荷台数は151万9000台(前年同月比73.7%、4カ月連続マイナス)で、ワンセグ搭載率は80.7%へ伸び、端末の高機能化が一層進んだ。なお、統計開始以来のワンセグ搭載モデルの累計出荷台数は5706万7000台となった。

photo PHSの出荷台数の推移

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.