ニュース
» 2009年07月31日 15時35分 UPDATE

コロプラ、携帯位置情報ゲームと連携した九州団体バスツアーの実証実験

旅行をしながら、携帯ゲーム内でお土産アイテムを獲得――携帯位置情報ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と九州3県を巡る旅行を連動させたツアーが開催される。

[ITmedia]

 コロプラは7月30日、携帯位置情報ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と九州3県をめぐる旅行を連動させた、1泊2日の実証実験ツアーを行うと発表した。リクルートのじゃらんリサーチセンターと連携し、共同で実施する。

 コロニーな生活☆PLUSは、携帯電話のGPSや基地局による位置情報を活用した、位置連動型の携帯ゲーム。ユーザーは移動して位置情報を送信することで、移動距離分のゲーム内通貨を獲得でき、得た通貨で自分自身のコロニーを育てることができる。

 今回のツアーは、携帯ゲーム発の旅行マーケット活性化の可能性を検証する目的で実施される。参加者は、佐賀、長崎、福岡を巡るバスツアーの中で、位置情報を送信してゲーム内の各地域のお土産アイテムなどを獲得したり、ツアー参加者限定のグッズやバーチャルアイテムを入手できる。

 ツアーは8月29日発、9月12日発の2日程を予定で、ともに約150名の参加者を見込む。料金例は羽田発着で4万4800円など。ツアーの告知はゲームサイトで行われる。

 またコロプラは6月から、ゲーム連動のお土産カード「コロカ」を使った地方の名産品店舗への来店支援サービスを展開しており、今回のツアーではコロカ提携店舗にも立ち寄る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.