調査リポート
» 2009年08月06日 18時46分 UPDATE

調査リポート:2012年、モバイルヘルスケアサービス市場は1600億円規模に

シード・プランニングが、モバイルヘルスケアサービスに関する調査結果を発表。健康・医療・安全分野のモバイルサービスは、2012年には2007年比で20倍にあたる1600億円規模の市場になると予想される。

[ITmedia]

 シード・プランニングが、モバイルヘルスケアサービスに関する調査結果を発表した。

 モバイルヘルスケアサービスは、携帯電話を利用して健康に関する情報を送受信するサービスをさす。通信キャリアや健康測定機器メーカーが、健康関連サービスを提供する企業や保健指導機関などが参画できるヘルスケアプラットフォームを構築しており、2009年以降、携帯電話を活用した健康サービス分野が活性化すると予想されている。

 同調査によれば、従来のモバイルヘルスケアサービス市場は、ほぼキャリア課金型サイトのみで構成されていたが、特定健診や特定保健指導などの社会的要因や、通信キャリアが法人向けにヘルスケアプラットフォームを提供することで、今後はソリューション型モデルが大きく成長する見込みだという。

 また、携帯電話の高機能化やブラウザの進化、パケット定額加入者の増加など、加入者がモバイルインターネットサービスを利用しやすい環境が整うことから、広告モデルの無料ヘルスケア情報サイトなども登場することが想定される。健康・医療・安全分野のモバイルサービスは、2012年には2007年比で20倍の1600億円規模の市場になることが予想されるという。

Photo モバイルヘルスケア分野の市場規模予測

 今後は医療分野や見守り分野などでも新たな市場が創出されると予測され、将来は、携帯電話に蓄積した個人の健康情報と国が進める大規模健康医療情報カルテの連携サービスが誕生する可能性もある。また、高齢者の増加に伴い、在宅健康管理や見守りシステムなど、高齢者向け携帯電話を活用したサービスの需要が高まる可能性もあるとしている。

 調査の詳細は調査研究レポート「モバイルヘルスケアサービスの現状と将来展望 ─携帯電話で拡大する健康・医療・見守りビジネスの新市場─」として販売している。価格は9万9750円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.