ニュース
» 2009年09月09日 20時21分 UPDATE

前年同月比は13カ月連続マイナス──JEITA 7月携帯出荷台数

電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した2009年7月の国内携帯電話・PHS出荷台数は262万9000台だった。前年同月比は69.6%で、前年同月比がマイナスになるのは13カ月連続。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が9月9日、2009年7月の国内における携帯電話・PHS端末の出荷第数実績を公表した。

 携帯電話とPHSを合計した7月の出荷台数は、262万9000台。これは前年同月比で69.6%という数字で、前年同月比で台数が減少するのは13カ月連続となった。広く導入されている割賦販売制度により、ユーザーの端末買い換えサイクルが長期化していることや、国内の景気後退による影響が大きいとJEITAでは分析している。

 携帯電話の出荷台数は251万9000台で、前年同月比は69.3%。6月はボーナス商戦を控えて久々に400万近い台数の出荷があったが、7月は再び大きく落ち込み300万台を割った。ワンセグ対応製品は、251万9000台のうち216万5000台で、ワンセグ搭載比率は85.9%。6月の実績より若干搭載比率は下がったものの、8割以上の端末がワンセグを搭載している状況に変化はない。

Graph

 PHSの出荷台数は11万台と6月の実績からさらに伸びた。契約数ではウィルコムの苦戦が続いているが、端末には需要があるようだ。

Graph

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.