ニュース
» 2009年10月01日 16時24分 UPDATE

LTE端末の開発を効率化――ドコモら4社、LTE通信チップセットのサンプルを開発

NTTドコモは、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、富士通と共同開発したLTE通信プラットフォーム「LTE-PF」に対応するチップセットサンプルの開発を完了。10月6日に開幕するCEATEC JAPAN 2009で披露する。

[ITmedia]
Photo LTE通信プラットフォームのイメージ図

 NTTドコモ、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、富士通の4社は10月1日、4社で開発を進めるLTE通信プラットフォーム「LTE-PF」に対応するLTE端末向けチップセットのエンジニアリングサンプルの開発を完了したことを明らかにした。

 LTE-PFは、3GPPが標準化を進めるLTEの規格に準拠した通信プラットフォームで、下り最大100Mbps/上り最大50Mbpsの高速通信を可能にする。W-CDMAやGSMネットワークとの連携に対応し、各エリア間の移動時にもシームレスなハンドオーバーを実現しているという。

 端末メーカーなどの機器ベンダーは、LTE-PFを採用することで、LTEに関連する携帯電話の基本機能を独自で開発する必要がなくなり、開発期間の短縮や開発コストの低減が可能になる。4社はLTE-PFについて、国内外の端末メーカーへの提供を検討しているという。

 今回の開発成果の一部は、10月5日からスイスのジュネーブで開幕する「ITU TELECOM WORLD 2009」、10月6日から幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2009」で披露される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.