調査リポート
» 2009年10月16日 19時08分 UPDATE

調査リポート:ケータイキャリア選び、最も重視するのは「料金プラン」

MMD研究所が、携帯電話の料金プランと割引サービスの利用実態に関する調査結果を発表。ケータイキャリアを選ぶ際に最も重視するのは「料金プラン・割引サービス」で、端末デザインや端末価格を上回った。

[ITmedia]

 MMD研究所は10月15日、「携帯電話の料金プラン・割引サービスに関する実態調査」の結果を発表した。調査は9月30日から10月12日まで実施したもので、有効回答数は553人。

 これから携帯電話会社を選ぶ際、最も重視する点について聞いたところ、「料金プラン・割引サービス」という回答が50%で最多だった。そのほか「携帯端末(機能)」が23%、「端末販売価格」が13%、「携帯端末(デザイン)」が12%と並んでいる。

 ゆっくり長めの電話をかけたい時間帯はいつかを聞くと、「21時〜22時」が17%で最多。以下「22時〜23時」が13%、「20時〜21時」が12%でこれに続いた。全体的に「20時から25時にゆっくりかけたい」という人が多く、全体の51%を占めている。

 携帯電話各社の通話無料サービスの制限について調査したところ、「気になる」割合が高かったのは「他社携帯会社との通話は有料であること」が73%で最多となり、「指定先以外との通話は有料であること」が69%、「家族割引対象以外との通話は有料であること」が66%、「21時〜25時の通話は有料であること」が64%となった。

 また携帯電話各社のEメール無料サービスの制限について、「気になる」回答した人の割合が高かったのは「他社携帯会社とのEメール送受信は有料になること」「300Kバイト以上のEメール送受信は有料になること」「家族割引対象以外とのEメール送受信は有料になること」で、それぞれ54%、51%、48%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.