ニュース
» 2009年10月21日 20時48分 UPDATE

第1回 国際自動車通信技術展:走行するだけで燃費をリアルタイムに測定して送信――NECの「Drive Manager」

NECソフトが提供中の「Drive Manager」を利用すると、KDDIのパケット通信網を介して燃費や走行距離をリアルタイムに管理できる。エコドライブの推進や経費削減に貢献するサービスとして注目したい。

[田中聡,ITmedia]
photo 「Drive Manager」の仕組み

 エコドライブを推進するNECソフトは、国際自動車通信技術展のKDDIブースで、燃費や走行距離などを一元管理できる「Drive Manager」を展示していた。

 法人営業車を主なターゲットとして提供中の同サービスは、専用端末の「EDICAT」を車内に設置して走行すると、車の燃費やCO2排出量をリアルタイムで自動測定してくれるというもの。測定したデータはKDDIのパケット通信網を介してデータセンターへ送信され、管理者は日報作成や配車管理などに役立てる。EDICATはGPS機能も内蔵しており、ドライバーの走行履歴や車両位置、危険挙動なども把握できる。

 同社は、Drive Managerのメリットとして、エコドライブの推進や安全運転の啓蒙、業務の効率化による経費削減の促進などを挙げている。EDICATの価格は車1台あたり10万円。通信料は月額4000円弱と8000円弱の2種類を用意している。EDICAT(本体)のサイズは130(幅)×55(高さ)×45(厚さ)ミリ。

photophoto Drive Managerの車載機「EDICAT」
photo 管理者は車両の位置情報や走行履歴、燃費推移や燃費ランキング、危険挙動情報などを確認できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.