ニュース
» 2010年01月13日 21時09分 UPDATE

エイチアイ、iアプリをスマートフォン向けに変換するツールに3D描画エンジンを提供

エイチアイが、iアプリをスマートフォン向けに変換するアプリックスのツールに3D描画エンジンの「MascotCapsule」を提供した。

[ITmedia]

 エイチアイは1月12日、iアプリをiPhoneやWindows Mobile、Android、Symbianなどのオープンプラットフォーム端末向けに自動変換するアプリックスのツール「Mobile Game Deployer」に、3D描画エンジンの「MascotCapsule V3」と「MascotCapsule V4」を提供したことを発表した。

 Mobile Game Deployerは、iアプリを各種のオープンプラットフォーム上で動作するネイティブ・アプリケーションに自動変換するツール。エイチアイがMascotCapsuleシリーズを提供することで、この3D描画エンジンを使って開発されたiアプリもオープンプラットフォーム向けアプリに変換できるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.