調査リポート
» 2010年01月20日 15時27分 UPDATE

調査リポート:中高生の親、安く抑えたいのは“子供のケータイ料金”

ブランド総研が、子供の携帯利用に関する意識調査の結果を発表。中高生の子供を持つ親に「なるべく安く抑えたい子供関係の費用」を聞いたところ、携帯料金がトップに挙がった。

[ITmedia]

 ブランド総合研究所は1月19日、「子供の携帯電話使用に関する調査」の結果を発表した。同調査は1月8日から同13日まで、小学6年生から高校3年生までの携帯電話を持つ子供の親を対象とした「親編」と、自分の携帯電話を持っている小学6年生から高校3年生を対象とした「子供編」に分けて実施したもので、親編の有効回答数は590人、子供編は599人。

 中高生の子供を持つ親に、現在、子供にかかっている生活・教育関連の必要経費の中でなるべく安く抑えたい費用を聞いたところ、「携帯電話料金」が51.4%で1位となり、これに「衣服費」が33.9%、「習い事などの学習費」が23.2%で続いた。

Photo なるべく安く抑えたい子どもの費用項目

 「子供の携帯電話は必要だと思っているかどうか」を聞くと、親の76.8%が「必要」と回答し、「不要」と考えている親は8.7%にとどまった。子供に携帯電話を持たせるメリットについて聞くと、「親子間の連絡に便利だから」と回答した親が90.5%にのぼり、以下、「家族使用携帯の料金サービス」の存在が32.4%、「友人とのコミュニケーション・関係作り」が31.0%と続くなど、携帯電話に「親子の連絡手段」としてのメリットを感じている親が多いことが分かった。

 親に対して、子供の携帯電話料金の金額についてどう感じているかを聞くと、71.3%の親が「高いと感じている」と回答。さらに「携帯電話料金で、最も気にしている料金項目」について聞くと、「パケット料金」を気にしている親が46.6%で最多となった。次いで「通話料金」(24.7%)が挙がるなど、通話よりもメールなどのデータ通信費用に注目している親が多かった。

 子供の携帯電話料金について、実際に支払っている金額と、妥当だと考える金額について聞くと、実際の支払金額の平均は5574円で、妥当と考える金額の平均は3331円となった。実際の費用と妥当と考える金額には2000円を越える開きがあった。実際に支払っている金額としてもっとも多かったのは、54.2%の「5000円〜1万円未満」だったが、妥当な金額では「5000円未満」が87.5%でトップとなっている。

 他方で、子供に自分が持っている携帯電話の月々の料金を知っているかを聞くと、95.7%が自分の料金を回答し、「いくら払っているか知らない・無回答」としたのは4.3%に過ぎず、子供にとっても携帯電話料金への関心が高いことがうかがえた。また、月々の携帯電話料金に対して配慮しているかどうかを聞くと、47.4%とほぼ半数の子供が「金額の上限を決め、それを越えないように工夫している」と回答。「上限の金額は決まっていないが気にする」と答えた子供の33.1%と合計すると、8割を越える子供が「料金を気にしている」ことが分かった。

 子供に対して、平日に携帯電話を使って話す相手の平均的な人数を質問したところ、87.7%が「3人以内」と回答。休日の平均的な人数についても、傾向は平日と変わっていない。

Photo 平日の電話相手の人数

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.