調査リポート
» 2010年04月02日 15時25分 UPDATE

調査リポート:2009年の国内携帯出荷台数、シャープがトップに――IDC調べ

IDC Japanが2009年第4四半期の携帯出荷台数を発表。前年同期比で11.1%増の864万台となり、9四半期ぶりにプラスに転じた。メーカー別シェアは15四半期連続でシャープがトップとなり、2009年のトータル出荷台数でもトップに立った。

[ITmedia]

 IDC Japanは4月1日、国内携帯電話市場の2009年第4四半期および2009年年間出荷台数を発表した。

 2009年第4四半期の国内出荷台数は、前年同期と比較して11.1%増の864万台となり、9四半期ぶりにプラス成長に転じた。今回、プラス成長となった主な要因についてIDC Japanは、前年のクリスマス時期の出荷台数が著しく低水準だったことと、2009年第4四半期にKDDIやソフトバンクモバイルの2社の積極的な新製品の投入があったことの2点が挙げられると分析している。

 同四半期の端末ベンダー別出荷台数シェアは、前四半期の26.1%から30.5%に上昇したシャープが今回も第1位となり、15四半期連続でトップとなった。第2位は前四半期同様「らくらくホン」を中心に安定した端末出荷を続ける富士通がランクイン。上位機種の販売が伸び悩んでいることが影響したパナソニック モバイルコミュニケーションズは第3位となった。また今四半期は、KDDI向け薄型端末「K002」を中心に販売を伸ばしている京セラが、前回から順位を1つ上げ、第4位となった。

Photo 2009年第4四半期の端末メーカー別シェア

 2009年の年間出荷台数でも、シャープが市場占有率25.4%を獲得してトップとなった。第2位は2009年前半で堅調な出荷台数を記録したパナソニック モバイルコミュニケーションズ、第3位は僅差で富士通、第4位は昨年の3位から順位を1つ落としたNEC、第5位は京セラとなっている。

Photo 2009年の端末メーカー別シェア

 2010年の端末市場についてIDC Japanは、新規スマートフォンの投入などで市場が活性化するのはプラス材料ながら、出荷台数ベースでは厳しい状況が続き、2010年は横ばいか、微減の可能性もあると分析している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.