ニュース
» 2010年04月22日 14時51分 UPDATE

KDDI、NFCケータイを決済以外にも活用する実証実験を開始

KDDIが5月1日から12月31日まで、NFCケータイを決済以外の用途にも活用する実証実験を開始すると発表した。東芝製端末と専用au ICカード、専用サーバなどを用意し本格的な検証を行う。

[ITmedia]

 KDDIが4月22日、NFC携帯電話の実証実験を5月1日から開始すると発表した。東芝が開発するNFC搭載端末と専用のau ICカード、サーバを用いて、NFC携帯電話を、ICカード代わりにする、リーダー/ライターとして活用する、Bluetoothの設定を自動的に行う、といった用途で活用する実験を各社と実施する。実験期間は12月31日まで。

 NFC(Near Field Communication)は、近距離無線通信技術の1つ。NXPセミコンダクターズ(旧フィリップスセミコンダクターズ)とソニーが共同開発した規格で、13.56MHz帯を利用する。RFID技術(ICカード/ICタグ)の次世代標準規格として国際標準機関(ISO)に承認されており、日本で一般的に利用されているFeliCaや、欧州で多く活用されているMifare(ISO/IEC 14443 Type A)、住民基本台帳カードなどで使われているISO/IEC 14443 Type Bといった規格に対応している。このためNFCを搭載した携帯電話は、クレジットカードや電子マネーの決済サービスから交通機関での利用、IC運転免許証、チケットサービス、ICタグを内蔵したポスターなどからの情報取得など、さまざまな方面での利用が検討されている。

 今回KDDIが実施するのは、このNFCを組み込んだ携帯電話で実験参加企業各社との共同実験。参加企業はKDDIを含む15の法人・団体で、実験では、クレジットカードや会員証、チケットとしてNFC携帯電話を使うICカードの代替としての活用や、ポスターなどに貼られたICタグを読み取って情報を取得するリーダー/ライターとしての利用、携帯電話をかざすことで受信側機器のBluetooth設定を自動取得し、端末のBluetoothを自動起動するBluetooth起動ツールとしての使用などを検証する。

 実験を実施するのは、アイ・ビー、アイワイ・カード・サービス、オリエントコーポレーション、クレディセゾン、じぶん銀行、全日本空輸、大日本印刷、TOHOシネマズ、凸版印刷、トヨタ自動車、日本遠隔制御、日本航空、ビー・ユー・ジー、T-Engineフォーラム。またKDDIも独自にIC運転免許証の読み込みやケータイへの搭載などを実験で検証する。実験に協力するのはNTTデータ、ジェムアルト、テックファーム、デンソーウェーブ、東芝、凸版印刷、野村総合研究所、日立製作所、MasterCard Worldwide。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.