ニュース
» 2010年08月05日 14時39分 UPDATE

KDDIと頓智ドットが資本提携――AR事業に本腰

KDDIが、拡張現実プラットフォームの「セカイカメラ」を展開する頓智ドットに4億4800万円を出資。両社でAR事業の普及・拡大を目指す。

[ITmedia]

 KDDIは8月5日、拡張現実プラットフォームの「セカイカメラ」を展開する頓智ドットと資本提携したと発表。頓智ドットの第三者割当増資を引き受け、4億4800万円を出資した。今後、両社は協力してARサービスの普及と拡大を目指す。

 両社はこれまでにも、KDDIのARプラットフォーム「実空間透視ケータイ」とセカイカメラを連携させたARアプリケーション「セカイカメラZOOM」を開発するなど、AR事業に共同で取り組んできた。その一方で頓智ドットは、ARを活用したゲームプラットフォームの「セカイアプリ」を提供するなど、セカイカメラのプラットフォームにソーシャル性を持たせる取り組みを推進してきた。

 今回の資本提携で両社はAR事業に対する取り組みを強化。KDDIの課金プラットフォームを活用したゲーム課金や、広告関連ビジネスの推進で、セカイカメラの会員数拡大を目指すとともに、KDDIのコンテンツ調達力や研究開発力を生かして、より魅力的なARサービスの開発に取り組む。


 AR関連サービスは、2009年のセカイカメラの登場をきっかけに注目を集めるようになり、通信キャリアも各種サービスの開発に取り組んでいる。ソフトバンクテレコムは、iPhoneとセカイカメラを法人向けサービスに活用しており、NTTドコモは冬モデルのPRIMEシリーズ全機種にAR機能を搭載する予定としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.