ニュース
» 2010年08月20日 13時03分 UPDATE

らくらくホンで独り暮らしのお年寄りを見守り――富士通と白老町役場

独り暮らしの高齢者を携帯電話で見守り――。富士通と北海道・白老町役場が、らくらくホンを活用した生活支援サービスを開始した。

[ITmedia]
Photo 高齢者に配布したらくらくホンの画面

 富士通と北海道・白老町役場は8月19日、富士通のユニバーサル携帯電話「らくらくホン」を活用した高齢者向け生活支援サービスとして、地域のコンタクトセンターシステムを共同で構築し、8月23日に運用を開始すると発表した。

 このサービスでは、3つのボタンに「よやく」「そうだん」「きんきゅう」の連絡先を割り当てた60台のらくらくホンを、独り暮らしの高齢者に配布。ボタンを押すだけで、地域の支援ボランティアに相談したり、119番通報を行えるようにした。

 また、携帯に内蔵された歩数計のデータを1日に1回、コンタクトセンターに自動で通知。特定の場所から移動しないなどの異常が検知された場合には、GPSセンサーなどから位置情報を把握して安否確認をとるなどの見守り機能を提供する。

 同サービスは、富士通と富士通総研が白老町に提案し、構築したもので、白老町は今後、同システムの対象を高齢者以外にも拡大し、地域住民の利便性向上や地域活性化などに向けた活用を検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.