ニュース
» 2010年11月04日 20時29分 UPDATE

出版社を介さず、有料コンテンツを作成・配信――「Handbookライブラリ」がiPadに対応

インフォテリアの「Handbook」向けコンテンツ課金サービス「Handbookライブラリ」がiPadに対応。論文や学習用教材などの有料コンテンツをiPadに配信できるようになった。

[ITmedia]

 インフォテリアは11月4日、同社のコンテンツ課金サービス「Handbookライブラリ」をiPadに対応させたと発表した。iPhoneに続く対応となり、Handbook向けコンテンツを開発する企業は、iPadにも有料コンテンツを配信できるようになった。

 Handbookは、iPhone、iPod touch、iPad、Android向けコンテンツの作成・配信に対応するソリューション。コンテンツは同社が提供するHandbookアプリで閲覧できる。

 同社は7月、iPhoneのアプリ内課金機能を利用したHandbook向けコンテンツの有料配信サービス「Handbookライブラリ」を提供。Handbook向けコンテンツを開発する企業が出版社や制作会社を介さず、iPhone向けに有料コンテンツを配信できる環境を整えた。11月からはiPadにも対応し、利用者はより大きな画面で有料コンテンツを購入・閲覧できるようになる。

Photo ライブラリ画面とダウンロード画面

 インフォテリアでは今回のiPad対応を機に、Handbookライブラリ上でのコンテンツ販売を活性化させたい考え。今後2年間で4000タイトルの公開を目指す。

記事中のアプリ



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.