調査リポート
» 2011年03月15日 15時55分 UPDATE

調査リポート:第4四半期の携帯出荷、Android端末がiPhoneを大幅に上回る IDC Japan調べ

IDC Japanが2010年第4四半期の国内携帯電話市場の概況を発表。スマートフォンが出荷台数増に貢献し、Android端末の出荷台数がiPhoneを大きく上回った。

[ITmedia]

 IDC Japanは3月11日、2010年第4四半期の国内携帯電話市場規模を発表した。同四半期の国内出荷台数は、前年同期比7.0%増の925万台。国内携帯電話市場は、前四半期に続いて5四半期連続のプラス成長を記録した。

 プラス成長の要因となったのは、通信キャリア各社が投入したAndroid端末。多数の端末が連続して市場投入されたことが、出荷台数の大きな伸びにつながった。なお、同四半期の出荷実績では、Android端末が150万台以上の出荷を記録し、iPhoneを大きく上回る結果となった。また2010年通年の出荷台数は、後半のスマートフォン端末の急成長に後押しされ、6.8%増の3615万台に拡大した。

ベンダー別シェアはシャープがトップに――19四半期連続

 2010年第4四半期のベンダー別シェアでは、スマートフォン市場で最大出荷数を記録しているシャープが、24.5%のシェアで第1位を獲得。19四半期連続してトップの地位を維持している。第2位は富士通・東芝が18.1%で、第3位にはNECカシオが12.7%で続いた。

 通年のベンダーシェアでも、シャープのトップは変わらず(年間獲得シェアは24.6%)、第2位が17.1%の富士通・東芝となった。第3位以下はパナソニック モバイル(13.9%)、NECカシオ(12.5%)となり、京セラ〔11.4%)も年間トップ5入りを果たしている。

sa_idc01.jpgPhoto 第4四半期のベンダー別シェア(左)と2010年通年のベンダー別シェア(右)

 2011年の見通しについてIDC Japanでは、Android OSを搭載した新端末やiPhoneの新モデルが市場に投入されることで、スマートフォン市場は年間を通して拡大し、出荷台数比率は40〜50%に急上昇する可能性が高いと予測している。

 なお今回の発表の詳細は、同社が発行した「国内携帯電話市場 2010年第4四半期の分析と2011年〜2015年の予測」に掲載されている。同資料の価格は105万円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.