調査リポート
» 2011年04月13日 18時47分 UPDATE

調査リポート:ソーシャルアプリ、“軽さ、シンプルさ”を求める傾向高まる

ドコモ・ドットコムが実施したソーシャルアプリの利用実態調査から、ユーザーがソーシャルアプリにライトでシンプルな機能を求めていることが分かった。

[ITmedia]

 ドコモ・ドットコムは4月12日、ソーシャルアプリの利用実態に関する調査結果を発表した。調査からは、ユーザーがアプリに求めるのが、ライトでシンプルな“ひまつぶし仕様”であることがうかがえる。

 mixi、GREE、モバゲータウンで、1カ月あたりにアプリ・ゲームを利用する頻度を聞くと、「ほぼ毎日」と回答したユーザーはmixiが63.0%、GREEが54.0%、モバゲータウンが63.3%となり、いずれのSNSでも半分以上のユーザーが、ほぼ毎日利用していることが分かった。1カ月あたりに利用する日数の平均は、mixiが22.4日、GREEが20.5日、モバゲータウンが22.5日。属性により利用に差が見られたのはGREEで、「ほぼ毎日利用している」回答者は10代男性が38%と低く、20代女性は75%と高かった。

 またソーシャルアプリに対する意識について聞くと、いずれのSNSでも「ワンボタンでできるようなシンプルなもの」「あき時間などで手軽にできるもの」「映画や動画の質にはそこまでこだわらないが、通信時間が短いもの」という回答が上位を占め、ライトさを求める傾向が見られた。これに対して「人との関わりがある方がいい」という回答は少なく、GREE、モバゲータウンでは3割強。もっとも多かったmixiでも46.1%にとどまった。


 調査は2010年11月26日から12月8日まで、モバイル端末で「アプリ・ゲーム」の機能を利用しており、メインのSNSがmixi、GREE、モバゲータウンのいずれかである16歳から49歳までのユーザーを対象に行ったもので、有効回答者数は2092サンプル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.