ニュース
» 2011年06月08日 11時00分 UPDATE

誤操作による通話の切断を防ぐ 「電話切断防止シールド」

端末を持ち替えたときなどの誤操作で、通話が切断されてしまったことはないだろうか。「電話切断防止シールド」は、そんなミスを防いでくれるアプリだ。

[三浦一紀,ITmedia]
Photo 「応答」ボタンをタップするとシールドが起動し、操作を受け付けなくなる。初期状態ではmenuキーや戻るキーでシールドを解除できるが、設定で「解除ボタンの表示」にチェックを入れると、画面上に解除ボタンが表示される
photo 電話切断防止シールド

 スマートフォンは画面が大きく、通話時の誤操作が気になる人もいるだろう。だが、心配はご無用。受話口付近に近接センサーが搭載されており、顔や手が近づくと画面が暗くなって操作を受け付けなくなるのだ。

 ただし、顔から端末を離すと操作できるようになるので、端末を持ち替えたときなどに指が触れ、誤って切断してしまうこともある。ビジネスパーソンは、通話の合間にスケジュールやメールを確認することも多く、そんなときの誤操作には注意が必要だ。

 こうした誤操作による切断を防いでくれるのが「電話切断防止シールド」(開発:yotsu 150円)。通話中の画面操作を無効にするシンプルなアプリだ。

 設定はアプリを起動して「シールド起動」をタップするだけ。設定後に通話の応答ボタンをタップするとシールドが自動で起動し、画面上の操作を受け付けなくなる。これで誤操作による切断の心配はなくなるわけだ。

 menuキーか戻るキーのタップでシールドを解除できるので、通話の合間にスケジュールやメールを確認することも可能。再設定は通知バー(画面最上段の情報表示バー)から行えるほか、アプリの設定で「センサーによる再設置」にチェックを入れておけば、顔に端末が近づいたときに自動でシールドが再設定される。

 取引先との通話が途中で切れてしまったら、仕事に影響することにもなりかねない。スマートフォンで仕事の電話をかけることが多い人におすすめのアプリだ。

Photo シールドを解除したあとに再設定する場合は、通知バーをドラッグして「電話切断防止シールド」のアイコンをタップする
Photo アプリを起動して「シールド起動」をタップすれば設定終了。より細かい設定は、画面下部の「設定」をタップして行う
photo 電話切断防止シールド

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう