ニュース
» 2011年06月09日 15時58分 UPDATE

電子チラシに被災地店舗支援機能、「Shufoo!」が提供

凸版印刷が、電子チラシサイト「Shufoo!」に被災地店舗の情報配信機能を追加。営業情報や商品入荷情報などを無料で配信できるようになる。

[ITmedia]

 凸版印刷が、同社の電子チラシサイト「Shufoo!」向けに被災地店舗の情報配信機能を開発。6月8日から提供を開始した。情報配信料金は無料。

 この機能は、東日本大震災で特に被害が大きかった青森、岩手、宮城、福島、茨城の5県で営業する店舗が、生活者に必要な情報を無料で配信できるようにするもの。被災地域の店舗は、Shufoo!サイト内に設置された「復興支援各県店舗情報」コーナーで、現状の営業情報や商品入荷情報などを、100文字から140文字程度のフリーテキストで配信できる。店舗から配信される情報は、PCや携帯電話、スマートフォンなどさまざまなデバイスから無料で入手できる。

 情報配信を希望する店舗は、Shufoo!の復興支援各県店舗情報から対象の県を選択し、お問い合わせフォームから申し込める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.