調査リポート
» 2011年07月26日 13時11分 UPDATE

調査リポート:日本のスマホ市場、海外メーカーが5割超える――矢野経済研究所

矢野経済研究所がスマートフォン市場の調査結果を発表。2010年度の国内スマートフォンの出荷台数は850万8000台で、うち429万台が海外メーカーが占めた。2011年度の出荷台数は2131万台と予測する。

[ITmedia]

 矢野経済研究所は7月26日、スマートフォン市場の調査結果を発表した。通信キャリアや携帯電話メーカーへのヒヤリングなどを基に、2010年度の出荷台数実績と今後の出荷台数予測をまとめた。

 同社の調査によると、2010年度の国内市場のスマートフォン出荷台数は850万8000台だった。2009年度は217万5000台で、391.2%の成長を見せた。また、スマートフォンの導入に合わせて海外メーカーの進出が相次ぎ、全体の50.5%を占める429万台が海外メーカーのスマートフォンとなった。

 2011年度の国内スマートフォン出荷台数は、前年度比250.5%の2131万台と予測する。通信キャリア各社がスマートフォンを主力製品と位置付けており、移動体通信端末の出荷台数の過半数がスマートフォンとなる見通し。


photo 国内スマートフォン市場規模推移

 2010年の世界のスマートフォン出荷台数は2億9593万6000台。2009年は1億8955万4000台だった。欧米市場に加え、アジアや中南米の諸国で需要が急増した。2011年の出荷台数は、前年比163.4%の4億8374万3000万台の見込み。


photo 世界スマートフォン市場規模推移

※初出時、世界のスマートフォン出荷台数の2009年の数値に誤りがありました。お詫びして訂正します


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.