ニュース
» 2011年08月01日 16時57分 UPDATE

KDDI、クラウド型の統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」を発売

KDDIは、グループウェアやSFA、CRM、名刺管理、文書管理などを統合したクラウド型の統合ビジネスアプリ「KDDI Knowledge Suite」を提供する。

[ITmedia]

 KDDIは8月1日、クラウド型統合ビジネスアプリケーション「KDDI Knowledge Suite」を2日から販売すると発表した。グループウェアやSFA、CRMなどを統合したビジネスアプリ。「Knowledge Suite」を展開するブランドダイアログとの業務提携により提供が実現した。料金は利用容量や登録データ量に応じ、従量プランが1Gバイトあたり2100円から(SFA/CRMはレコードあたり10.5円)、SFA/CRM無制限固定プランが3Gバイト4万425円から。

 グループウェアやSFA、CRM、名刺管理、文書管理を組み合わせて利用できる。管理データを集計し、レポーティングすることも可能。KDDI Knowledge Suiteの提供に合わせてKDDI専用のAndroidアプリを開発し、マルチデバイス利用の環境を整えた。また、販売開始から11月30日までキャンペーンを実施する。KDDIのスマートフォンの購入と同時に申込むと、12月分までの月額料金が無料となる。

 サービス提供にあたりKDDIはブランドダイアログと資本・業務提携を行い、ブランドダイアログの第三者割当増資に応じて第2位の株主となる予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.