ニュース
» 2011年08月17日 16時50分 UPDATE

4〜6月の携帯出荷、スマートフォン比率が3割超に――JEITA6月携帯出荷台数

JEITAが発表した国内携帯電話の出荷台数実績から、2011年4月から6月までの累計出荷台数に占めるスマートフォンの割合が3割を超えたことが分かった。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が8月17日、2011年6月の携帯電話・PHSの出荷台数を発表した。

 携帯電話が290万4000台(前年同月比79.1%)、PHSが19万3000台(前年同月比234.2%)出荷され、6月の累計出荷台数は309万6000台(前年同月比82.5%)となった。前年同月比では3カ月連続のマイナスを記録したが、7カ月ぶりに300万台を突破した。

Photo 携帯電話・PHS出荷台数の推移

 2011年4月から6月までの出荷台数は、携帯電話が625万2000台(前年同月比69.2%)、PHSが48万2000台(前年同月比184.7%)で、累計出荷台数は673万4000台(前年同月比72.4%)。市場が急拡大しているスマートフォンは215万9000台(前年同月比573%)を出荷し、累計出荷台数に占める割合が3割(32.1%)を突破した。

 累計出荷台数に占めるスマートフォンの割合は、2010年10月から12月までで1割(14.3%)を超え、2011年の1月から3月までで3割弱(28%)に到達するなど、堅調に推移している。

Photo スマートフォンの出荷台数の推移

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.