調査リポート
» 2011年10月04日 17時05分 UPDATE

調査リポート:18〜19歳のスマホ所有率が急増、30代を上回る――NTTナビスペース調べ

NTTナビスペースの調査から、18〜19歳のスマホ所有率が急増していることが分かった。4月には30代の所有率を上回り、2位につけている。

[ITmedia]

 NTTナビスペースの調査から、20代のスマートフォン所有率が2割近くに達したことが分かった。18〜19歳の所有率も急上昇するなど、若者層がスマホ市場をけん引している。

 同社の調査によると、2010年7月に4.8%だったスマートフォンの所有率は、2011年の7月時点で12.4%となった。年齢別では20歳代(所有率17%)が最多となり、これに所有率14%の18歳〜19歳、9%の30代が続いた。18歳〜19歳の所有率は2011年に入ってから急上昇しており、4月に30代の所有率を上回った。

Photo スマートフォン所有率の推移
Photo 年齢別のスマートフォン所有率

 OS別のシェアは、2010年10月に68%に達したiPhoneのシェアが減少に転じ、2011年の7月には44%となった。2010年7月時点に15%だったAndroidのシェアは1年間で49%に成長。2011年の7月時点ではiPhoneをおさえてシェアトップとなった。

Photo スマートフォンのOS別シェアの推移

 この調査は、NTTナビスペースが定期的に行っているコンシューマ向けスマートフォン市場の調査結果をまとめたもので、調査対象は日本在住の18歳から79歳の男女Potora会員。

Photo 回答者数

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.