調査リポート
» 2011年10月04日 20時49分 UPDATE

調査リポート:国内モバイルセキュリティの市場規模、2015年には4倍に――IDC Japan調べ

IDC Japanが国内のモバイルセキュリティ市場に関する調査結果を発表。2010年の市場は23億円規模で、2015年にはその約4倍にあたる93億円規模に拡大すると予測する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 IDC Japanは10月4日、2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模実績と2015年までの予測を発表した。同社がこの4月に実施したユーザー調査では、モバイル機器の導入で問題が発生した企業は全体の4割強にのぼるといい、セキュリティに対するニーズは今後ますます高まると予想されている。

 同調査によると、2010年の国内モバイルセキュリティ市場は23億円規模となり、2010年から2015年は年間平均成長率32.2%で推移する見込み。2015年には市場規模が93億円規模まで拡大すると予測している。

 分野別に見ると、2010年のモバイル向けアイデンティティ/アクセス管理の市場は3億円規模。今後はスマートフォン/タブレット端末ユーザーの急増や、ビジネスでの利用拡大といった背景からモバイル向け認証関連の製品需要が高まり、2015年には15億円に達すると予測している。

 2010年のモバイル向けセキュアコンテンツ/脅威管理市場は14億円規模。今後はモバイル機器でのマルウェア対策や盗難・紛失時の情報漏えい対策のニーズが高まることから、IDCでは2015年には市場が58億円規模に拡大するとみている。

Photo モバイルセキュリティ市場のセグメント別売上予測と推移

 調査の詳細は、IDCが発行している「国内モバイルセキュリティ市場 2010年の実績と2011年〜2015年の予測」にまとめられている。調査リポートの価格は63万円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.