ニュース
» 2011年12月12日 10時52分 UPDATE

端末本体にメールや通話履歴を残さない――NTTソフト、Android版アプリを開発

NTTソフトウェアは「電話の発着信履歴」「電話帳データ」「メール」をスマートフォン本体に残さないAndroid用アプリを開発。不正アクセスなどから機密情報を守る。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTソフトウェアは、電話の発着信履歴や電話帳データ、メールを本体に残さないAndroid用アプリを開発した。2012年春に「ProgOffice」の新オプションとして販売する予定としている。

 同社はこれまで、電話の発着信履歴と電話帳データをスマートフォンに残さない「ネットワーク電話帳」アプリを提供しているが、シンクライアント化をさらに進め、メール機能もより安全に使えるようにする。

 「セキュアメール」は、スマートフォンにメールを保存せずに閲覧や送受信を可能にするメールアプリ。端末を紛失しても、メールデータから機密情報が流出するのを防げるという。

 セキュリティ対策としては、ID、パスワード、アプリケーション認証などを組み合わせた「多要素認証」を採用。非正規アプリをインストールしたスマートフォンからの利用を禁止する不正インストール対策機能、アプリケーション改ざん検出機能と検出時のロック機能、リバースエンジニアリング対策機能も備えている。

 対応スマートフォンOSはAndroid OS 2.1〜2.3。要望に応じて、iOSにも対応するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.