ニュース
» 2012年02月16日 15時01分 UPDATE

海外モバイルニュースピックアップ:歌姫アデル、iPhoneで悪態ついてスッキリ?

海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは歌姫アデル、iPad hand、米企業のタブレット導入、ストリートビューで見る日本の鍾乳洞など。

[中野恵美子,ITmedia]

歌姫アデル、iPhoneで悪態ついてスッキリ?

 第54回グラミー賞で6部門受賞という快挙を成し遂げたアデル。昨年、喉の手術を受けて休養していたが、その時、もっとも辛かったのは、歌えないことではなく悪態をつけないことだったそうだ。その時、救世主となったのがiPhoneだったとデイリー・メール紙が報じている。テキスト入力した言葉を読み上げてくれるアプリが役に立ったのだとか。今では声も元通りになったようなので、デザイナーのカール・ラガーフェルドに“太りすぎ”と言われても、iPhoneで応戦する必要はなかっただろう。それにしてもVogue3月号表紙のアデルは美しすぎ!

タブレットの使いすぎに注意! 休みながら使いましょう

 携帯電話の使いすぎで親指に痛みを感じる「Blackberry thumb」という症状があるが、最近、iPadユーザーにも似たような「反復運動損傷」が出ているようだとデイリー・メール紙が報じている。

 「iPad hand」(iPad手? それとも腱鞘炎ならぬiPad炎と訳すべきか……)と呼ばれるこの症状は、iPadを持つ方の手と、タイプしたり画面をスワイプした指とに痛みを感じるというもの。膝にiPadを置いて操作する場合、腕や首に痛みを感じる人も増えているらしい。

 iPadに限らず、タブレット端末では慢性的な痛みが出るケースもあるらしいので、「適度な休憩を取りましょうね」とお医者さんはアドバイスしている。

販売員にタブレット――Ben E. Keith社がWindows 7タブレット300台導入

  Ben E. Keith社が、Windows 7を搭載したタブレット「MobileDemand xTablet T7000」を約300台導入したとMicrosoftが伝えている。同社は米国のビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ製品などを扱う米国で十指に入る規模の卸売業者。今回、販売員向けにタブレット端末を採用した。選定の決め手になったのは、競合製品にはないスキャナやテンキーが搭載されていたこと、そして耐久性だったそう。Microsoftのリリースなので“Windows 7のおかげでビジネス・アプリケーションへのアクセスもラクラク!”といったことも述べられている。

なかなかの迫力――ストリートビューで見る日本の鍾乳洞

 Mashableが、Google マップのストリートビューで見る日本の鍾乳洞を紹介している。

 島根県の大久保間歩、山口県の秋芳洞のページにリンクしているが、なかなか迫力がある。大久保間歩には一般公開限定ツアーもあるが、そう簡単には行けないので、ストリートビューを通じて眺めるのもいかもしれない。実際に行ける幸運な方は予習ということで。

モバイルとは関係ないですが

 2月16日から21日まで、Google+、YouTube、Orkutを通じてブラジルのカーニバルを楽しめる。Carnival YouTube Channelでカーニバルの模様を視聴でき、Googleが今回のイベントのために組み込んだマップを通じて他のYouTubeユーザーとチャットできる。Google+では、バンドとのチャットやライブインタビューの視聴が可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.