ニュース
» 2012年03月02日 15時58分 UPDATE

スタートアップ支援企画「KDDI ∞ Labo」の第2期参加チームが決定

KDDIが実施するスタートアップ支援プログラム「KDDI ∞ Labo」の第2期参加チームが選出された。

[ITmedia]

 KDDIは3月2日、スタートアップ支援プログラム「KDDI ∞ Labo」の第2期参加チームを発表した。合計4チームがプログラムに参加する。参加チームの概要は以下のとおり。

サービス名 代表者(敬称略) サービス概要
U-NOTE 小出悠人 周囲の人と共有できるノートを作成するノートアプリ
Peepapp(仮) 赤坂優 友達のアプリを共有でき、新しいアプリと出会えるサービス
スキコレ! 大薮永 Twitter分析をベースにユーザーが受動的に好きなものをコレクションできるサービス
Creatty 大湯俊介 モノを作る人に向け、情報発信の場やユーザーとの接点を提供するプラットフォーム

 KDDI ∞ Laboは、新しいインターネットサービスの創出を目指すスタートアップをKDDIがサポートする、3カ月のプログラム。参加希望チームの中から選抜されると、KDDIや外部アドバイザーなどからメンタリングをはじめとする各種サポートを受けられる。KDDIによる出資・提携も視野に支援が行われ、優良サービスについては「auスマートパス」への掲載も予定する。第1期には5チームが参加し、「ソーシャルランチ」を運営するシンクランチと、「giftee」を運営するギフティがKDDIからの出資を受けた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.