ニュース
» 2012年03月13日 16時11分 UPDATE

海外モバイルニュースピックアップ:採血結果をその場で分析――iPhone対応の血糖値管理ツール

海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックはiPhone対応の血糖値管理ツール、iPhone対応BMW、iPadに「Siri」がいない理由、QRコードハンバーガーなど。

[中野恵美子,ITmedia]

採血結果をその場で分析――iPhone対応の血糖値管理ツール

 Daily Mailが、iPhoneを使って血糖値の管理ができる糖尿病患者用のアプリを紹介している。iPhoneまたはiPod touchにiBGStarの端末を取り付けて、少量の血を採ると、アプリでデータを保存、分析することができる。価格は48ポンド。同サイトで使用法の映像を見ることができる。

Photo 利用イメージ

iPhone対応BMW、登場

 EngadgetがiPhone対応BMWを紹介している。といっても、別にBMWがiPhoneに対応したわけではなく、BMWがStitcherと協力し、車両にiPhoneアプリのオンデマンドストリーミング機能を導入することを発表したのだ。同サイトで、Stitcherアプリを利用したBMW 650iのデモ映像が見られる。

手話をテキストに変換する技術、Technablingが開発中

 アバディーンの研究者たちが、手話をテキストに変換する技術を開発しているという記事をBBCが掲載している。ポータブルの手話翻訳機器として、ラップトップや携帯電話といったモバイル端末のカメラを使用。手話を理解できない人にも分かるよう、アプリで手の動きをテキストに翻訳して表示する――というものだ。

 アバディーン大学のスピンアウト企業Technablingのコンピュータ科学者たちが研究しており、手話のユーザーが独自のサインを作れる点が革新的だという。現在、開発とテストのため、手話ユーザーのボランティアを募っている段階で、2013年までに製品化される予定。

スマホでショッピング、アプリよりWebが便利?

 Nielsenは3月12日、スマートフォンユーザーはショッピングの際、モバイルアプリよりもモバイルサイトの方を好むという調査結果を発表した。

 2011年のホリデーシーズンに、米国で5000人を対象に実施した調査によれば、ショッピングで最も利用されたのはAmazon、Best Buy、eBay、Target、Walmartだった。アプリの利用率は男性の方が女性よりも若干多いものの、男女ともにアプリよりサイトを好む傾向が見られた。とはいえ、小売業者のモバイルアプリを使用する人の方が、利用時間は長いという。なお、サイトの利用率を見ると、TargetとWalmartは女性の利用率が高く、Best Buyは男性が多い。AmazonとeBayでは男女差は見られなかった。

なぜiPadには「Siri」がない?

 新しいiPadには、なぜ「Siri」が搭載されないのか――。そんな疑問がBusiness Insiderに掲載されている。SiriはiOSのシンボル的な存在であり、新しいiPadにはボイスディクテーション機能も搭載されているのになぜ?というのだ。いくつか推測はあるそうだが、とりあえずは「みなさんのご意見募集中」とのこと。理由は近日中に記事にするそうだ。続報を待つ間、理由を考えてみてはいかがだろう?

子供向け管理機能が充実――ZTE Fury

Photo ZTE Fury

 SprintとZTEは3月12日、Android端末「ZTE Fury」を発表した。ファミリー向けの製品で、3.5インチのディスプレイ、LEDフラッシュ付きの5メガカメラを搭載している。

 保護者が子供の居場所をマップで確認できる「Sprint Family Locator」に対応しており、月額5ドルで最大4台までの位置情報を確認できる。食事中や学校の授業中などに携帯電話を使えないよう、スケジュールを組んで端末にロックをかけたり、子どもが見られるコンテンツやダウンロードできるアプリを制限したりできる「Sprint Mobile Controls」にも対応しており、1台につき1カ月4.99ドルで利用できる。また、時速10マイル以上で運転している時には、電話を自動的にロックし、車が停止したらアンロックする「Sprint Drive First」にも対応する。

QRコードハンバーガー? 香港マンダリン オリエンタルのキャンペーン

 PSFKが、香港マンダリン オリエンタル ホテルのQRコードハンバーガーを紹介している。といっても、これはQRコードを使ったキャンペーンで、同ホテルのCafe Causetteでミニハンバーガーを食べて、気に入ったバーガーに投票するというもの。3月25日までの開催で、メニューにはケンタッキーBBQソースとXOマヨネーズで味つけしたポーク、カンザスシティリブソースと骨髄マヨネーズで味つけしたビーフ、ノースカロライナBBQソースとホットペッパーマヨネーズで味つけしたチキンなどがある。

 5つのバーガーを味見して、QRコードからホテルのFacebookページにアクセスしてファンになれば、コンテストに参加できる。好きなバーガーと誰と食べたいか、その理由は――などの質問に回答して応募すると、3人にバーガーディナーがプレゼントされるそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.