ニュース
» 2012年03月21日 15時25分 UPDATE

KDDI、クラウド型PBXサービスを開始――6月下旬から

KDDIが6月下旬から、クラウド型PBXサービス「KDDI 仮想PBXサービス」を開始。PBXをオフィスに設置することなく内線機能を利用でき、運用コストも低減できる。

[ITmedia]

 KDDIが6月下旬から、クラウド型PBXサービス「KDDI 仮想PBXサービス」の提供を開始する。PBXをオフィス内に設置することなく内線機能を利用でき、運用/管理にかかるコストも低減できるという。

 大企業向けに提供するサービスで、各企業ごとの専用設備を利用したプライベート型クラウドにより、セキュアな環境で利用可能。内線番号の管理や電話機の増減などの運用管理をKDDIに任せられ、企業内の負担も軽減できる。

 これまでのセントレックス型PBXサービスでは電話回線とPBX接続用のデータ回線が必要となっていたが、KDDIの固定電話サービスのみでIP電話サービスと内線機能をまかなえるようになる。また、「KDDI ビジネスコールダイレクト」と併用することで、auのフィーチャーフォンやスマートフォンとも内線による通話が可能になる。

sa_pbx01.jpgPhoto 従来のシステム構築例(画面=左)とKDDI 仮想PBXサービスのシステム構築例(画面=右)

 利用料金は、内線単位の月額利用料として、企業ごとに個別に見積もるが、1拠点あたり1000台で利用する場合の料金は、1IDあたり2800円程度になるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.