ニュース
» 2012年09月04日 13時55分 UPDATE

海外モバイルニュースピックアップ:墓にQRコード、ケータイかざすと故人の人生が分かる――デンマークにハイテク墓地

海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ケータイかざすと故人の人生が分かるハイテク墓地、スマホのカメラを使った手相占いアプリ、ハン・ソロのあのシーンをハブで再現、これって新iPhoneのモックアップ? など。

[中野恵美子,ITmedia]

墓にQRコード、ケータイかざすと故人の人生を表示

 デンマークにハイテク墓地が登場した。QRコードをスマートフォンで読み込むことで、故人の人生が表示される

 QRコードの価格は100ユーロで、墓石の近くに設置される。テキストや写真のほか、音声が動画も表示できるという。考案した墓石メーカーは、デンマークだけでなくその他の国でも評判になると考えているようだが、実際のところどうなのだろう。観光客が集まる著名人のお墓はともかく、家族しか訪れない一般人の場合、何もスマホで死者の生前のデータを表示させなくてもいいような気もするのだが……。

スマホのカメラを使った手相占いアプリ、英国で登場

 iPhone向け手相アプリ「Fenopalm」が登場した。英国のスピリチュアル系書店Watkins BooksのオーナーEtan Ilfeld氏が企画し、JWT Londonが制作したもの。

 同アプリは利用者の手をスキャンし、生命線や頭脳線などを分析する。またユーザーのFacebookデータの分析も行い、人とのつきあいや仕事、位置情報などのデータを手相の読み取り結果に加味するという。

 手相を読み解くのは世界的に有名な手相師だというKrishna師で、ビデオで手相の結果を教えてくれる。利用は無料だ。

退去時に家主とのトラブルを防げるアプリ「Housemate」

 英国のShelter Scotlandが、家主とテナントのトラブル解消を目的としたモバイルアプリ「Housemate」を開発した

 家具つきで貸し出されることがほとんどの英国では、転出する際、入居時にはなかった破損などを理由に、保証金が戻ってこなかったり、修繕費を別途請求されたりといったことが少なくない。最初からあった不備だとしても、きちんと指摘して文書などに残しておかないと、結局テナントが泣き寝入りすることになる。

 同アプリはこうしたトラブルを軽減するためのもので、入居時の状況を写真などで記録に残し、家主とテナントとで共有する。簡単なアイディアだが、テストしたところ結果は上々だったそうだ。

 不動産関連のトラブルにはまきこまれないのが一番。転ばぬ先の杖アプリとして、人気を博するかもしれない。

ハン・ソロのあのシーンをハブで再現

 ハン・ソロといえば、炭素冷凍されてしまうシーンが有名。これまでにもあの状態の氷を作る製氷皿などをご紹介してきたが、今度はEtsyに「Han Solo Frozen in Carbonite 4-Port USB Hub」というハブが登場したという

 MacおよびWindows PCに対応。ACアダプタは不要で、最大4つのデバイスを接続できる。価格は45ドル。

Photo Han Solo Frozen in Carbonite 4-Port USB Hub

 ついでといってはなんだが、かなり大きな「あの氷」が作れる「Star Wars Han Solo Deluxe Size Silicone Ice Cube Tray」のプレオーダー受け付けも始まった。出荷は12月の予定。こちらの価格は14.99ドル。

これって新iPhoneのモックアップ?

 中国に新iPhoneのものらしきモックアップが大量出現しているそうだ。

 iPhone 5用ケースの製造を行うケースメーカー向けのもので、価格は33元(約5ドル)と安価。さまざまなモックアップがあるが、どれもこれまでのリーク情報によく似ている。

 M.I.C. Gadgetがさまざまなモックアップをずらりと並べて掲載しているので、興味がある方はどうぞ。

これって新iPhone?

 台湾のスターJimmy Lin氏が、中国版Twitter「Weibo」でiPhone 5と思しき端末の写真を公開した

 とはいえ、同氏が公開した写真はチープな作りで、模造品であることはほぼ間違いない。Lin氏がどういうつもりでWeiboに投稿したのかは不明だ。

 歌手であり俳優でありカーレーサーでもあるLin氏には大勢のフォロワーがおり、話題はあっという間に広がった。4インチのスクリーン、底面に移動したヘッドフォンジャックなどが見られる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.