ニュース
» 2012年09月14日 19時24分 UPDATE

年賀状ソフトと連携できる――iPhone向け名刺管理アプリ「名刺読込 for 宛名職人」

iPhoneのカメラで名刺を撮るとOCRでテキスト化して端末内に保存。取り込んだデータはMac用年賀状ソフトと同期できる――。こんな使い方を可能にするのがiPhoneアプリ「名刺読込 for 宛名職人」だ。

[ITmedia]

 アジェンダは、OCR機能を備えたiPhone向け名刺読み取りアプリ「名刺読込 for 宛名職人」の提供を開始した。価格は700円。9月20日までのキャンペーン期間中は500円で提供する。

 iPhoneの内蔵カメラで名刺を撮影すると、撮影データの文字を認識して住所や名前、連絡先などの情報を自動でテキスト化する。読み込んだデータは、Mac標準搭載のアドレスブックアプリを介してMac用年賀状ソフト「宛名職人Ver.19」と同期でき、年賀状の作成時に利用できる。

Photo アプリの利用イメージ

 対応端末は、iOS 4.0以降をインストールしたiPhone 4/ iPhone 4S。対応言語は日本語、中国、英語。

photo 名刺読込 for 宛名職人

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.