調査リポート
» 2012年12月19日 14時55分 UPDATE

調査リポート:国内スマートフォン出荷台数、アップルが4四半期連続で首位に――2012年第3四半期

第3四半期の携帯電話の出荷台数は、2四半期ぶりに1000万台超えに。スマートフォンのベンダー別シェアトップはアップルが獲得し、シャープは3位に返り咲いた。

[ITmedia]
Photo 携帯電話とスマートフォンのベンダー別シェア

 IDC Japanは12月19日、2012年第3四半期(7〜9月)の携帯電話とスマートフォンの出荷台数を発表した。携帯電話のベンダー別シェアのトップは富士通が獲得。スマートフォンはアップルがトップとなった。

 第3四半期の携帯電話の出荷台数は前年同期比6.0%増の1104万台で、2四半期ぶりに1000万台を超えた。スマートフォンが出荷台数の伸びを支えており、第2四半期(4〜6月)に60%台だった出荷比率が第3四半期には72.1%まで上昇した。

 スマートフォンのベンダー別出荷台数ではアップルがシェアトップを獲得し、4四半期連続で首位の座を守った。2位は「ARROWSシリーズ」や「らくらくスマートフォン」が人気を博している富士通で、部品調達の問題が解消に向かっているシャープが3位に返り咲いた。

 携帯電話全体のベンダー別出荷台数シェアは、富士通が前四半期トップのアップルを抜いて2四半期ぶりにトップに立った。2位はアップルで、以下、シャープ、ソニー、サムスンと続いた。

 今後の見通しについてIDC Japan シニアマーケットアナリストの木村融人氏は「iPhone 5を中心としてスマートフォン需要は引き続き好調を維持する可能性が高い。ただし、『iPhone独り勝ち』の状況がこのまま続けば、国内通信事業者に限らず、端末ベンダーの2013年の戦略に大きな影響を与える可能性が高まる」と指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.