調査リポート
» 2013年02月12日 19時17分 UPDATE

調査リポート:iPhone 5、米国と英国の端末満足度調査でトップを逃す

iPhone 5は英国と米国ではともに、Android端末に王座を譲る形となった。

[末岡洋子,ITmedia]

 On Device Researchは2月11日、最新のモバイル端末ユーザー満足度調査を発表した。英国と米国ではともに、Appleの「iPhone 5」はAndroid端末に王座を譲った形となった。同社は「驚きの調査結果」と記している。

 米国では、約9万3000人のモバイル(スマートフォンとタブレット)端末所有者に、端末の満足度について聞いた。トップはMotorola Mobility(Google)の「Motorola Atrix HD」で10点満点中8.75点を獲得。2位以下は「Motorola Droid Razr M」(8.5点)、「HTC Rezound 4G」(8.32点)、「Samsung Galaxy Note 2」(8.26点)と続き、2012年秋に登場したAppleのiPhone 5は、8.23点で5位にとどまった。

 一方、機種別ではなくメーカー別満足度ではAppleが7.22点でトップを獲得。2位はGoogleの7.68点、3位はMotorola(Google)の7.49となった。なお、高いシェアを持つSamsungは6.15点で13位、HTC(4位)、Nokia(5位)、LG(8位)よりも下だった。

 約5万2000人を対象に調べた英国の調査でもiPhone 5は首位をとれず、8.21点で2位だった。英国でトップとなったのは「HTC One X」(8.47点)で、3位はともに8.18点の「Samsung Galaxy Note 2」と「Samsung Galaxy S3 Mini」が獲得。4位は「Samsung Galaxy S3」(8.09点)と、Samsungは上位5機種中3機種を占めた。

 なお調査では、機種側のLTE対応と満足度の相関関係についても分析しており、米国では今回ランクインした上位5機種がすべてLTE機種であること、LTEサービス加入者の方が非LTE加入者よりも端末への満足度とネットワークオペレーターへの満足度の両方で高いことを指摘している。英国ではLTEは1社しか提供しておらず、iPhone 5はLTE対応という点では競合する端末が少なかったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.