ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「資本提携」最新質問一覧

国産車
マツダはトヨタとの資本提携はMT減少になるか?
マツダはトヨタとの資本提携の狙いは?(2017/08/04)

経済
資本提携の意義
 今晩は、宜しくお願い致します。 最近VWとスズキが資本提携を白紙に戻すことにしたそうですが、そもそも株式を持ち合うことは会社経営についてどのような意味が、また、双方にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。 会社同士がお互いに株式を持つとどのような...(2011/09/18)

ニュース・時事問題
日航の米デルタ航空との資本提携について
つい先程、日本航空がデルタ航空と資本・業務提携を検討しているというニュースがメディアから報道されました。そこでもし、現実に資本・業務提携がなされた場合、将来的には、提携を解消することはありえますか?(航空法によって、外資の日本の航空会社への出資比率は3...(2009/09/11)

財務・会計・経理
黒字会社の資本提携のメリットとは
 黒字で、順調に業績を伸ばしている会社が、出資される側として資本提携する場合があるようですが、そのメリットを教えてください。 単純に業務提携だけでは、すまないのでしょうか。(2009/05/30)

派遣
外資系企業と業務提携・資本提携するとどうなるんですか?
就業先の会社が、外資系企業と資本・業務提携することになりました。社員の間では全員リストラされるのではないか、という噂が流れていますが、外資系の企業だとそんなにも厳しいものなのでしょうか。何も分からず、不安ばかり募ります。どなたか、分かりやすく教えていた...(2007/12/25)

経済
吸収合併、傘下におさめる、資本提携、子会社化
経済のケの字も分からない者です。吸収合併、傘下におさめる、資本提携、子会社化。これらの用語の違いって何でしょうか。それまで働いていた社員はどうなるのですか。またメーカーの場合、今までの商品のコンセプトは維持されるのでしょうか。ひょっとしたら、頓珍漢なこ...(2007/04/29)

起業
資本提携の解消(泥沼です。)
質問させてください。【現状】私が以前役員を務めていた有限会社(Z社)があります。Z社の資本構成は以下の通り。代表取締役 A氏 70%私 30%Z社は確認会社であり、資本金は100万です。ただ、昨年大きく業績を伸ばしたため、現在4000万ほど純資産があります。私は先日、...(2006/07/01)

その他(ビジネス・キャリア)
資本提携と業務提携の違いとメリット・デメリットとは?
よくニュースなどで流れていますが、理屈はなんとなくわかりますが、スッキリしません。やはり資本提携の方がより強固な信頼関係ができていないと踏み込めないものなのでしょうか?(2006/05/10)

その他(テレビ番組)
放送局の資本・提携関係
テレビ大阪とラジオ大阪関西テレビとラジオ関西これらの会社は資本的又は業務的に何か関連はあるのでしょうか。(2005/06/03)

その他(ビジネス・キャリア)
資本提携ってなに?
資本提携って具体的にどのようなことなのでしょうか?フジとライブドアが提携に合意しましたが、そこで資本提携、業務提携という言葉が出てきました。新聞を読んでも、良くわからなかったので、みなさまの知恵をお借りしたいと思い、ここに書き込みしました。ビジネス用語...(2005/04/18)

その他(車)
各自動車メーカーの資本提携などを教えてください!
こんにちは、いつもお世話になっています。タイトルのとおりですが、・トヨタとダイハツは提携している。・マツダとフォードは提携している。・日産と三菱は軽自動車について協力している。などを教えていただきたいです。日本メーカーと海外メーカーを含めて教えていただ...(2005/02/01)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。