ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「有料メールマガジン」最新質問一覧

インターネットビジネス
有料メルマガについて
有料メルマガを発行しようと思います。決済はpaypalによる決済を考えています。この場合、個人事業主として届け出を出してから行わないと法律的にダメなのでしょうか?(2014/04/29)

ニュース・時事問題
現代の詐欺師・堀江貴文が発行している有料メルマガも
現代の詐欺師・堀江貴文が発行している有料メルマガもゴーストライターが執筆しているのでしょうか?私は拝金主義はホリエモンが自身で書いていると思って信じていました。有料メールマガジンは堀江貴文が書いているんじゃなくて別のライターが書いているでは?と不安にな...(2014/03/09)

株式市場
株の有料メルマガについて
実際に購読されていてその予想銘柄を買い利益を得た方がいるのでランキングがつけられているのではと思います。1ヶ月に千円程度で的中率が高いのであれば購読してみたいと思っています。実際に購読されている方、または以前購読した方がいたらご意見よろしくお願いします。(2013/07/15)

その他(生活・暮らし)
有料メールマガジンを発行するにあたり月額料金もしく
有料メールマガジンを発行するにあたり月額料金もしくは回数料金を頂く事になると思うのですが、料金のやりとりは都度振り込み確認をしなければいけないのでしょうか?それとも、振り込み決済用の便利なソフトとかあったりするのでしょうか!?(2013/03/12)

その他(インターネット・Webサービス)
有料メルマガについて
メルマガを購読しようとしています。みなさんはおすすめとかありますか?今検討しているのは以下です。・ホリエモン・藤沢数希・城繁幸(2012/05/02)

インターネットビジネス
有料メルマガの不正コピー対策を教えてください。
有料メルマガが多く発刊されていますが、プレーンテキストデータなので悪意のある人によりインターネットに公開されてしまうリスクがあると思います。このようなリスクはどのように対策されているのでしょうか。(2011/12/15)

財務・会計・経理
有料メルマガの経費計上について
IT関係(プログラマ)の情報収集として、まぐまぐなどの有料メルマガを購読しているのですが経費計上が"可能"な場合について質問がございます。1. 勘定科目は何でしょうか?2. クレジット決済をしているのですが、何を保存して提出すれば良いのでしょうか?ひと通...(2011/07/15)

インターネットビジネス
有料メルマガ配信について教えて下さい。
現在、有料でのメルマガ配信を検討中です。有料と言っても自分がお金を払うのではなく、読者さんにお金をお支払い頂いて配信するタイプのものです。ただ個人情報を掲載したくないので、どこかの配信スタンドを使用することを考えていますがどれが良いのか迷っています。条...(2011/06/21)

PHP
現在、月額有料課金のメールマガジンの企画を考えています。
現在、月額有料課金のメールマガジンの企画を考えています。イメージに近いのが下記サイトです。http://www.jnews.com/こちらのサイトではビジネスニュースメルマガを有料会員に配信するサービスなのですが、バックナンバーはwebのほうでベーシック認証することで閲覧する...(2010/02/08)

株式市場
まったく当てにならない有料メールマガジン
 以前、中国株通信の有料メールマガジンを取っていましたがまったく役に立ちませんでした。 役立つどころか、損させられてしまいました。 考えてみたら、もともと株のことはよくわかっていない運よく投資に成功したにわか評論家素人(K氏、T氏、F氏)集団が、書籍で宣伝...(2007/09/16)

その他(法律)
「有料投資情報HP」「有料投資情報メルマガ」の発行、サイト開設などは投資顧問業法に違反しますか?
お世話になります。最近、インターネット上で「株式等の有料情報」を勧誘するHP,迷惑メールが多く、当方も迷惑しております。これの違法性について東海財務局に問い合わせしたのですが、「投資顧登録をしている業者が違法行為を行ったならば取り締まるが、登録していない...(2007/08/17)

株式市場
投資情報のサイト(「有料」メルマガ、「有料」ソフト頒布)は投資顧問業法に抵触するか?
お世話になります。最近、ここの質問で 儲かる投資情報はありませんか?●●投資クラブの情報は信用できそうですがどうでしょうか?といった質問が見られます。●●投資クラブは信用できる投資情報業者なのでしょうか? という質問自体が、勧誘活動のように思えてなりま...(2007/08/11)

株式市場
よく当たる有料メルマガはありますか
株式投資をやっています。仕事が忙しくてなかなか銘柄選択に時間を裂けません。よい有料メールマガジンはご存知ないでしょうか。もしありましたら教えていただきたいのですが。(2007/07/22)

先物取引
先物取引での有料会員や有料メルマガサイトについて
先物取引(デイトレ)で有料会員サイトや有料メルマガサイトをよくみかけます。内容は、会員向けに買いなどのシグナルを支持して、その通り実行すれば、儲かるといった内容です。過去の実績などを見ると年間600%前後の結果をだしている見たいなのですが、これは本当でしょ...(2006/12/03)

株式市場
有料メールマガジンもこの下げは予測できませんでした、
 中国株データベースというところの有料メールマガジンをとっているのですが 今回のこの下げを予測できていませんでした。 おかげで100万以上の含み損が出ています。 おそらくこれからも増えていくでしょう ここの居られる OKWEBの方のほうがよほど優秀だと思うときが...(2006/06/09)

インターネットビジネス
有料メルマガについて
有料メルマガを始めたいのですが、何か許可などを取らずに個人の方でもできるのでしょうか?(2006/03/29)

インターネットビジネス
有料のメールマガジンの配信システム
希望者に自分のメールアドレスを送信してもらい、それを自分で条件等によって相手を変えメール配信しようと思っているのですが数100-1000同じ内容を送信しようと思った場合、どのような方法がベストなんでしょうか。送りたい内容によって送信相手を毎回変えたいのですが。...(2003/03/29)

在宅ワーク・SOHO
公務員の「有料メルマガ」の配信について
公務員は営利企業等への従事が制限されてますが、本を書く、講演などで報酬を得る事に関しては認められています。それでは、メルマガ(有料)を発行するのは何か制限あるんでしょうか。(如何わしい内容の物は考えてません)私の思うのは、本を書く行為に同等と考えるべき...(2003/02/20)

その他(法律)
公務員が有料メルマガを発行して収入得られますか?
公務員が有料メルマガを発行して収入得られますか?法律の制約を受けることになると思いますが、著作物で収入を得ている人は法的にどのような手続きをとっているのでしょうか?専門の方に教えていただきたいのです。(2002/08/31)

在宅ワーク・SOHO
仕事紹介の有料メルマガについて
こんにちは。私は近い将来在宅にて仕事をするため現在準備中です。色々なメールマガジンを購読しているのですが、その中で毎週何回か仕事を提供しているメルマガがあって、以前興味のある仕事だったので、メールを送ったところ、「仕事の詳細等は会員登録(有料)の後にお...(2001/12/01)

インターネットビジネス
有料メルマガ配信サービスを使う価値
大手の会社にメルマガ配信企画の提案をもっていこうと考えているのですが、「まぐまぐ」等の無料配信システムを使っていいものかどうか悩んでいます。噂では、小泉メールマガジンの配信システムにもの凄いお金がかかっているという話しを聞きましたが、無料配信システムが...(2001/07/14)

インターネットビジネス
有料メルマガってどのくらいあるのでしょう?
いま有料制のメルマガでどのようなものがあるか探しています。みなさんのなかで御存知の方がいらっしゃれば教えてください。代表的なものがあればありがたいです。(2001/03/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。