ITmedia総合 >  質問!ITmedia  >  D

就職
DODAでの応募方法に疑問があります
DODAで求人に応募するとき、各企業ごとに志望動機が書けません。注意事項には「求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人への最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。」と記されています。皆さ...(2015/07/04)

転職
昔、フロムエーとかデューダとかで就職活動をした記憶があるのですが
昔、フロムエーとかデューダとかで就職活動をした記憶があるのですが今は、皆さんどのようなところで就職先を見つけているのでしょうか?デューダとリクナビなどの転職サイトを登録したのですがこの他にみオススメのところなどがありましたら教えていただければと思います...(2009/12/23)

転職
DODAのいい加減さには頭に来てます
昔は求人情報誌、今はWEBサイトになったDODAについて皆さんの意見をお聞きしたいのですが。約2年ほど使わせてもらってますが、いつも気になっているのはスキルマッチ度が星5つの所をよく応募しているのですが、面接どころか書類審査にパスした試しがありません。...(2009/02/20)

その他(音楽・ダンス)
DJ台がかなり揺れるのですが、揺れ防止策を教えて下さい。ちなみに台はDODAI DJT-1480を使っています。
DJ台がかなり揺れるのですが、揺れ防止策を教えて下さい。ちなみに台はDODAI DJT-1480を使っています。(2008/11/08)

転職
リクルートエージェントとDODAの求人数
リクルートエージェントとDODAはともに求人数がダントツで多いですが、求人内容はやっぱり同じものが多いでしょうか?現在リクルートエージェントには登録しているのですが、DODAに登録してもあまり新しい求人は期待できないでしょうか?当方、IT系プログラマ志望の20代男...(2008/04/19)

転職
転職 リクルート・リクナビ・DODA・ハローワーク
男・31歳・大学非常勤 兼 大学事務臨時職員 です。転職を考えています。大学院→非常勤と学校畑で進んできたので、就職や転職に関する知識が乏しく、アドバイスがいただければと思い質問します。ハローワークも含め転職に利用するサイト・エージェントとしてはどこがい...(2008/03/03)

転職
DODAの求人の直接応募に関して
DODAの求人の応募の方法で直接応募があります。応募した際、職歴表が送信される形になりますが企業側の返事が「選考結果のお知らせ」と案内が来て会社説明会はいつ来れるかといった内容ですが書類選考が間にあったと言う事なのでしょうか?(2007/06/23)

転職
DODA(求人誌)
DODA(確か関西限定だったような・・)という求人誌はまだ、あるのでしょうか?近辺のコンビニをいくつか廻ったのですが、みあたりません・・・。(2007/03/13)

CM
新庄元選手が出ているDODAのCMの歌について
新庄元選手がCMにでている「DODA」のCMの歌が気になってしょうがないです。歌声がSNAILRAMPのタケムラさんに似ているような気がするのですが、調べてもわかりません。誰が歌っているのかご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!!(2007/01/10)

海外アーティスト
デューダディーディーダ ダンディディドゥー?
今日ラジオで聞いた洋楽の歌詞の一部です。何という曲かわかりますでしょうか?因みに男性アーティストでした。(2005/05/02)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。