ITmedia総合 >  質問!ITmedia  >  G

「General Motors」最新質問一覧

輸入車
GM車 ルームミラーのマウントについて
愛車のルームミラーが気に入らないので、別にGM車のメッキルームミラーを取り付けています。そこで、新しい車に付け替えたいのですが、ルームミラーのマウントは接着剤でフロントガラスに付けているため、取り外すことが出来ないため、マウントのみ購入したいのですが、サ...(2015/06/22)

輸入車
GM車は主にどこの国で販売されているのですか?
世界での自動車販売数争いで、トヨタ、フォルクスワーゲン、GMの三社がトップを競っているようですが、アメリカ車のイメージはアメリカ本国以外にはあまり人気がないように感じていたのですが、中国では好調みたいですね。GM車の主な販売先はアメリカ国内と中国以外にヨー...(2014/10/05)

輸入車
GMシボレー車種の購入
シボレーサバーバンかタホの新車か新車状態の新古車(?)を購入を考えているのですが、ネットで探しても販売店がありません。ご存知の方がいましたら教えてください。車検や整備もあるので極力近くか整備などのネットワークや対応が迅速な販売店を探してます。販売店は正...(2014/06/24)

輸入車
【GM JAPAN】カマロの値引き
正規テディラーで「カマロ 2ss」の購入を考えているのですが、定価¥530万(法定費用除外で)はボッタクリです。本国では$32000(約¥265万(1ドル82円)に対し、2倍近い金額です。運搬料やJAPAN仕様向け料変更、ヤナセへの代理料を考えても¥?400万...(2012/03/21)

輸入車
GMシボレーソニック
韓国車の日本市場再挑戦、というふれこみでシボレーソニックが発売になるようです。性能もデザインもなかなか、と思わせます。完成度の高い日本車に打ち勝つことができるか。ダメなような気がします。思うに、「シボレー」ブランドで発売するからだと思います。いくらGMグ...(2011/11/09)

輸入車
電気自動車をリードしていたGM?
電気自動車ではGMが1990年代にリードして、市販したのに、GMの内部の命令で、需要があるにも関わらす、ニーズがないように見せかけ、販売を停止したと聞きます。これは本当なのでしょうか?センセーショナルにマスコミが書きたてただけでしょうか?(2009/06/19)

輸入車
GM純正オプションのスモークガラスは車検に通るか
3rdカマロにはGM純正オプションのスモークガラスがあり、個人輸入で入手も可能ですが発売当時1970-81年頃に正規輸入でオプション選択できたかどうかも知りません。道交法が変更となり透過率70%以上ないと車検に通らないですが、当時のオプションとして存在した場合どうな...(2009/05/27)

輸入車
GMが破綻したら、中古のコルベットはどーなるの?
 サブプライム問題で、GMがチャプター11の申請をしそうです。中古のコルベットはどーなるのでしょうか? (2009/02/15)

輸入車
GMの経営政策
GMが1920年代に行った「スローニズム(sloanism)」という政策は具体的にどのようなことなのでしょうか。誰か知っている方教えてください。(2007/07/23)

輸入車
GMとルノー・日産の業務提携について
カテゴリーが違うかもしれませんが、実現不可能とは思いますが、GM本体をTOB等で非上場企業にし、GMよりかなり企業規模の小さい会社と合併させ(スズキやGM大字)等資本金の減資を行い、この小さい会社を存続企業として、合併の含み益でGMを再生する裏技はできないのでしょう...(2006/07/22)

輸入車
GMってなんですか?
GMってなんですか?ジェナラルモータースという名前は知っているのですが、どんな車を出しているんですか?確か世界一だったんですよね。でもGM車って見た事ない気がします。あとどの国で売れていて世界一になったのでしょうか。どなたか教えてください。(2005/05/21)

輸入車
GMマティスのグレード、年式の違いを知りたい
100万円前後で新車を購入したいと考えている、長野県在住の者です。GMマティスに興味を持っています。グレード、年式の違いを教えてください。(2004/12/22)

輸入車
GMの軽自動車?
今日、買い物にいったとき スーパーの駐車場に白い二人乗りのスマートより車高が低くて、丸みを帯びた右ハンドルの軽自動車がありました。全面にGMとあったのですが、これは何という車なのでしょうか?ご存じの方がおりましたら、お願いします。(2003/11/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。