ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「堀井雄二」最新質問一覧

レトロゲーム
ドラクエ3の勇者は、何故立ち去りますか?
ドラゴンクエストIII?そして伝説へ? では、大魔王を倒したエンディング後、勇者はどこかへ去って行きます。なぜ、アレフガルド(地下世界)で勇者ロトとして、英雄や王族となることを拒絶したのですか?また、ドラクエ1・2では彼の子孫が主人公ですが、あの強行軍では子...(2015/02/21)

レトロゲーム
初代ドラゴンクエストの開発秘話の漫画を教えて!!!
その昔、(もう30年ぐらい前か?)初代ドラゴンクエスト(もちろんファミコン版。初代なので数詞(1)が入っていない)が発売され、その後ヒットした後、このドラゴンクエストの開発秘話を漫画化した作品が何処かの漫画雑誌か、ゲーム雑誌かに掲載されていたのを覚えています。開...(2014/03/25)

歴史
偉人、成功者と言われている人について
世界には偉業を成し遂げた人や成功者と言われる人が数多くいますが、彼らはどうやってその偉業、成功への道を切り開いたのでしょうか?レオナルドダヴィンチ、エジソン、アインシュタインからビートルズや、火の鳥の手塚治虫氏、ドラクエの作者堀井雄二氏、ジブリの宮崎駿...(2013/03/26)

ニュース・時事問題
「ぼくのおこずかいではドラクエの利用券買えません」
小学生「ぼくのおこずかいではドラクエ10の利用券買えません」 子供を見捨てるドラクエ酷いキッズタイムについて2012/08/24 09:29http://hiroba.dqx.jp/sc/forum/prethread/10632/僕はまだ子供です。無料期間が終わり利用券を買おうとしましたが利用券が30日1000円...(2012/08/25)

その他(ゲーム)
DSドラクエ6。テリー×バーバラになるのか?
DSドラクエ6りメイクで、「バーバラはテリーが気になる」という記述が公式サイトにあったようですが、テリー×バーバラのカップリングになるんでしょうか?小説は主人公×ミレーユ、テリー×バーバラというカップリングでしたが、堀井雄二さんはこれにご立腹だったとい...(2009/12/22)

アンケート
【1990年の少年ジャンプ】 あなたが好きな漫画は?
ドラゴンボール:鳥山明聖闘士星矢:車田正美シティーハンター:北条司SLAM DUNK:井上雄彦幽遊白書:冨樫義博まじかるタルるートくん:江川達也DRAGON QUEST ダイの大冒険:三条陸・稲田浩司・堀井雄二電影少女:桂正和魁男塾:宮下あきら花の慶次-雲のかなたに-:原哲夫...(2008/12/13)

書籍・文庫
小説版ドラゴンクエスト6について
小説版ドラゴンクエスト6ですが、カップリングは主人公×ミレーユ、テリー×バーバラだそうですが、どんな感じなんですか?また、どんな風な結末ですか?ハッサン、チャモロ、アモスはどんな風ですか?仲間になったモンスターは誰ですか?転職はどんな風に描かれているの...(2006/09/01)

その他(ゲーム)
PS2版 ドラクエ5発売されると噂聞いたけど 本当なの?
先日ヤフーの掲示板でPS2版ドラゴンクエスト5(つまりリメイクされると言う意味)発売されると聞きました。Vジャンプ12月号の広告に載っていたとか聞きました。僕はドラクエ5がとても大好きでいつかリメイクされないのかとても楽しみにしてました。その情報聞いて...(2002/11/15)

その他(ボードゲーム)
iモード「未解決事件ファイル」内の短編ゲーム「降ってきた死体」
どうしても、「降ってきた死体」ってのがクリアできません。堀井雄二三部作はクリアしたんですけど、なぜかこれがクリアできない。だれか、クリアした人いませんか?ヒントでもいいですから教えてください。(2002/10/20)

その他(ゲーム)
FC版「DQ2」の復活の呪文について(古くてすみません)
FC版「DQ2」が発売された当時の事なのてすが・・・。「月刊OUT」という雑誌に「ゆう坊のでたとこまかせ」という投稿コーナーがありました。後記に堀井雄二氏が「復活の呪文で"(メイン制作者四人の名前を列記)ぺ"と入れるとラストダンジョン直前の場所に出るので...(2002/08/20)

その他(ボードゲーム)
ゆうていみやおうきむこう
すいません ゆうていみやおうきむこうのみやおうときむこうって誰ですか?ゆうていは堀井雄二さんですよね。(2001/12/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。