ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「運用管理ツール」最新質問一覧

-こちらもご覧ください-
システム運用管理 − TechTargetジャパン
質問!運用・管理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で運用・管理関連の質問をチェック

その他(プログラミング・開発)
.Batの同時実行回避について
今までの説明のしかたが悪かったようですので、改めて投稿させていただきます。Windows2008Server上の.Batプログラムで作成したジョブで問題がでています。ジョブをコントロールしているジョブ管理ツールがあります。タスクマネージャとは別のソフトの運用管理ツールです。...(2011/05/23)

SE・インフラ・Webエンジニア
VMware(ESXi)動作環境について
こんにちは。インフラ構築の教育環境を作る際にESXiを導入して仮想ホスト8台を複数作ろうと考えています。目的は、ADやクラスタ環境etcの構築訓練、また運用管理ツールを導入して簡単な運用設計までを研修できる環境を作るたいと考えています。私は技術者ではなく管理...(2011/02/23)

その他(ITシステム運用・管理)
フリーのサーバー運用管理ソフトでお勧めを教えて下さい。
フリーのサーバー運用管理ソフトでお勧めを教えて下さい。商用なら日立のJP1や富士通のSystemwalkerが有名ですが、フリーソフトでお勧めはありますか?例えばNTTデータのHinemosがありますが・・・(2010/05/07)

その他(ITシステム運用・管理)
apacheとIISについて
会社でWEBサーバーを立ち上げる予定なのですが、UNIX系OSでapacheを利用する場合とWindowsでIISを利用する場合だと、何か大きな違いとか機能面での特異性、優位性とかってあるんでしょうか?apacheでいいと思っていたのですが、最近はIISのシェアも随分伸びてきているよう...(2008/12/25)

その他(ITシステム運用・管理)
SystemWalkerについて
現在運用管理ツールとしてSystemWalkerを利用していますが時々SystemWalkerのプロセスが実行時間でもないのにCPUを40%?60%近くも使いサーバの動作を不安定にさせる現象がおきています。暴走していると思われるプロセスは・f3crheeg.exe・f3crheap.exeの2つです。調査のと...(2007/06/07)

その他([技術者向] コンピューター)
ミドルウエアの具体例を教えてください。
初級シスアドで、OSとアプリケーションソフトの中間に位置するものとしてミドルウエアがあり ・データベース管理システム(DBMS) ・通信管理システム(LAN制御を含む) ・ソフトウエア開発支援ツール ・EUCツール ・運用管理ツール説明されています。なんとなく具体例...(2007/03/20)

その他(業務ソフトウェア)
素人向け多国語版Linuxサーバ運用管理ソフト
専用のlinuxサーバを導入しましたが、管理が分からなくて大変困っています。素人でもレンタルサーバ、ドメイン、メールなど一括に管理できる多国語版ソフトがあるそうですが、詳しい方にお教えていただけるととても助かります。ありがとうございます!(2006/04/11)

その他(ITシステム運用・管理)
貸し出し用NotePCの運用管理ソフトについて
社内の貸出し用PCの運用管理について返却後に管理者側が初期に設定したクリア状態に復元(ユーザが変更した部分が初期状態に戻る)できる様なアプリケーションやツールをご存知ならばご教授願います。尚、一応、無償で使用できるMSのSared ComputerToolについては、導入...(2006/02/07)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。