ITmedia総合 >  質問!ITmedia  >  M

「MEMS」最新質問一覧

Micro Electro Mechanical Systems

科学
MEMSに必要な知識
こんにちは、電子工学専攻の修士課程のものです。内定先の企業でMEMSスイッチを研究しているようで、私もこの分野に興味があります。半導体のプロセス同様リソグラフィとエッチングで作成するのはわかるのですが、機械分野の知識があまりないため本を読んでもわからない部...(2011/01/08)

物理学
RF-MEMS 静電アクチュエーター  
電極の上にブリッジ型の金属を作って静電容量(ギャップを変化させて)を利用した基本的なMEMSスイッチで疑問があります。ギャップをg、電圧をV、静電容量をCとすると、静電気力はF=1/2*V^2*(∂C/∂g)ですよね?これをフックの法則 f=k*x を考えるとブリッジの反発力fが...(2009/05/15)

科学
MEMSとLSIの関係について
MEMSについて興味のあるLSI設計者です。MEMSとは、機械・電子・光・化学などの機能とLSIなどの電気信号(処理)を複合したもの、と捉えています。もし、このような理解で正しければ、LSI等のDigital部分にはマイコンなどが搭載されるということでよろしいでしょうか?それと...(2008/10/31)

物理学
MEMSシミュレーションに必要な知識
過去FEMによる数値解析を、構造解析応用メインで勉強指してきました。今後興味のある分野として、MEMSデバイス(センサー等)のシミュレーションを考えています。そこで必要となる知識を教えて頂ければ幸いです。分子動力学や量子力学の知識も必要になるのでしょうか?概要だ...(2008/02/19)

科学
MEMSかユビキタスか
今大学3年のものです。研究室配属が目の前に迫っているのですが、どの研究室にしようか迷っています。一つはMEMSの製造等に関する研究室で、今後のMEMSの伸びを考えると将来的に良さそうだと思っています。もう一つはウェアラブルコンピュータとかバーチャルリアリティー...(2008/01/27)

科学
マイクロマシンは機械or電気?
マイクロマシンはマシンというぐらいだから機械系の方がメインで研究されているのかと思いきや、調べたところ電気系の方のほうが多いような気がします。機械系の方のアプローチの仕方と電気系の方のアプローチの仕方に違いはあるのでしょうか?(2007/06/03)

物理学
MEMSとは?
MEMSについて簡単に教えて下さい。またMEMSとSOI(silicon on Insulator)との関係について教えて下さい。また、基板とセンサやアクチュエイタをどのような手法で作成していくのですか?よろしくお願いします。(2006/05/09)

就職・就活
内定先でのインターンシップ。半導体やMEMS技術者の方教えてください。
 現在、内定先にインターンシップに来ています。 半導体関連装置やMEMS技術の技術者の卵です。 インターンシップのカリキュラムがきちんと組まれておらず、 自習する時間も多く、何を学ぶかは手探りの状態です。 就職しても、恐らくベンチャー企業のため、凝り固まっ...(2005/08/09)

物理学
MEMSについて
最近、”MEMS"と言う言葉をよく聞きます。広い意味で使われているようですが、これは、"微細加工"技術のことと思ってよいのでしょうかお願いいたします。(2005/04/11)

科学
ナノマシン、マイクロマシンの特許
昨年の11月ごろナノマシンかマイクロマシンでの根幹の特許がアメリカと共同で出願されたらしいですが、誰かお詳しい方いませんでしょうか?(2001/04/02)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。