ITmedia総合 >  質問!ITmedia  > 

「ムーアの法則」最新質問一覧

写真
常用撮像感度の伸び方は?
D7000に加えてD700中古を買ってしまいました。Jazzクラブなどで撮ることもふえ、常用感度を6400に対して数段高いカメラが欲しいのですが、撮像素子の技術的課題などから言って、何年で何倍になる、という予測はないのでしょうか?ムーアの法則からくる、3年で4倍DRAMの容...(2012/09/13)

その他(PCパーツ・周辺機器)
地デジレコーダーssd・HDDにムーアの法則は働い
地デジレコーダーssd・HDDにムーアの法則は働いてませんか?ムーアの法則だと一月に何%安くなりますか?(2012/08/09)

その他(PCパーツ・周辺機器)
CPUの性能の基準は、「クロック周波数」以外どこを見ますか?
数年前までは「ムーアの法則」とかなんとか言って、CPUのクロック周波数はガンガン進化し続けていました。しかし、最近の主流はデュアルコアで、クロック周波数はそんなに莫大に上昇しているわけではありません。クロック周波数を上げすぎると発熱がすごいらしいですね。ベ...(2010/03/03)

経済
なんでHDD等が安くなるんですか?
なんでHDD等が安くなるんですか?昔なら何十万円もしたメモリやHDDの容量でも今は数千円で買えます。数多くのメーカーが価格競争をしているのもわかりますし、ムーアの法則の通りに技術が上がっていることもわかります。性能に応じて価格を上げていけばいいと思うのですが...(2009/10/13)

その他([技術者向] コンピューター)
CPUはムーアの法則を維持している?
@ITの記事に「CPUの処理能力は3GHzくらいで一度停滞したが、マルチコア化することで『18カ月間で2倍の性能になる』というムーアの法則を維持した。」http://www.atmarkit.co.jp/news/200905/14/sap.htmlとあるのですが、いま、CPUには、Core i7, Core 2 Quad, Core 2 Duoな...(2009/05/15)

デスクトップPC
10年前の人間が考える「10年後のパソコン」とは?
うろ覚えですが、今から10年ぐらい前に、パソコン雑誌「パソコン批評」にて、「10年後のパソコンはこうなる」という予測の記事があったと記憶しています。現在のパソコンはその予想通りの進化をしているでしょうか?・CPU→「ムーアの法則」を真に受けて、CPUのクロック周...(2008/12/13)

デスクトップPC
10年前のパソコンのスペックを教えてください
10年前のパソコンのスペックを教えてください。10年前のパソコンのCPU、クロック周波数、メインメモリ、ハードディスクの容量などを教えてください。また、ここ何年か、ムーアの法則が成り立たなくなっています。なので、単純計算できないのですが、10年前のパソコンに比べ...(2008/04/29)

デスクトップPC
ムーアの法則はウソ?CPUのクロック周波数3.6Gヘルツで頭うち?
ムーアの2年間で2倍という法則は結局ウソだったのでしょうか?CPUを取り上げると、つい3年前まで順調に3Gヘルツと躍進していたように覚えています。ですが最近ショップに寄ったところ、いまだに2Gヘルツや3GヘルツのCPUが13万とか主流のもので3万円で売...(2007/10/28)

Macintosh
CPUの進歩について
2時間のAVCHDをProRes422に変換するのに2.2GHz Intel Core 2 DuoのMacBookProで4.6時間かかります。2年後のMacBookProでは何時間で処理が完了できるようになると思われますか?ムーアの法則というものがありますが、2年後も有効でしょうか?(2007/09/16)

その他(ハードウェア)
意味がわからない。。。
インテル社の創立者の1人、ゴードン・ムーア氏が40年前に提唱したムーアの法則は、有効性を維持するはずだ。インテル社のロードマップによると、インテル社は当分の間、プロセッサーのトランジスター数を――ムーアの法則の予測通り――ほぼ18ヵ月ごとに倍増させつづける計...(2006/05/05)

その他(PCパーツ・周辺機器)
CPUの理論上限界クロック周波数は?
友人と話をしていてふと考えさせられました。例えば「速さ」であれば光速が一般的に理論上の限界だと思います。CPUの世界でも速さにおける光速のような、理論上の限界値は存在するのでしょうか?まさかムーアの法則が永遠続くわけではないでしょうし。実現可能な値ではなく...(2005/02/10)

その他([技術者向] コンピューター)
パソコンのあり方
ムーアの法則が正しくパソコンの高性能化、低価格化が今後も今のペースで続くと仮定して、今後のパソコンのあり方として、どのような利用方法が考えられますか?一般の家庭、あるいは学校や企業などで、近い将来生まれてくると思われる有意義な理由方法を教えてください!(2004/07/14)

その他(PCパーツ・周辺機器)
半導体の技術革新は、なぜ速い?
ムーアの法則によれば、「半導体チップの集積度は、およそ18カ月で2倍になる」そうですね。集積度の向上は、CPUなどの性能向上につながるわけですが、なぜこれほど技術の進歩が速いのでしょう?新技術の開発が簡単だから?企業がそれに力をいれているから?それとも、ほか...(2003/03/19)

その他(PCパーツ・周辺機器)
今後のCPUの歩み方
今後のCPUはどのように歩んでいくと思いますか?このままムーアの法則にしたがって周波数は増えていくと思いますか?確かCPUの発熱量は周波数に比例するとどこかで見た気がするのですが、もしそうならばこのまま周波数が増えていけば発熱量も増していき、そのうち冷...(2003/01/27)

その他(PCパーツ・周辺機器)
ムーアの法則
ムーアの法則って何ですか?具体的に教えて下さい。(2002/02/24)

その他(PCパーツ・周辺機器)
ゴードン・ムーア氏の生年月日
 集積回路のトランジスタ密度は、18?24か月ごとに2倍になるという、いわゆる「ムーアの法則」を述べた、ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore)氏の生年月日はいつでしょうか。ご存じの方、教えてください。生年だけでも結構です。(2001/12/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。