ITmedia総合 >  質問!ITmedia  >  S

「SWOT分析」最新質問一覧

Strength:強み、弱み:Weakness、機会:Opportunity、脅威:Threat
-こちらもご覧ください-
SWOT分析 − @IT情報マネジメント用語事典

マーケティング・企画
okwaveのSWOT分析
okwaveのSWOT分析について軽くアイディアをください☆弱みと脅威がいまいちよくわかりません(2016/10/24)

マーケティング・企画
SWOT分析は何を分析するのでしょうか?
対象は何になるのですか?企画ですか?お客様ですか?(2016/03/13)

マーケティング・企画
SWOT分析について
渋谷109のSWOT分析について軽くアイディアをください(>_<)(2015/01/12)

マーケティング・企画
SWOT分析の読み方
何て読むのですか?スウォットでしょうか?wikihttp://ja.wikipedia.org/wiki/SWOT%E5%88%86%E6%9E%90を見たけど、わかりませんでした。(2012/12/20)

経済学・経営学
SWOT分析についてご教授下さい。
授業を受けたことがなく、調べてみましたが難しくよくわかりませんのでご教授頂けると助かります。フレームワークは学校に学生が集まらないことを問題とし作成致しました。実は、これが月曜日の試験問題の全体の4分の1を占めており困っています。大学院自体は、主に社会...(2011/06/04)

アンケート
浦和レッズのSWOT分析を教えてください。
浦和レッズが世界のビッグクラブBest10に選ばれたり、経営面で優れているという話をよく聞くのですが、SWOT分析を行うとどのようになるのでしょうか?「S,W,O,T」それぞれについて何が当てはまるのかアンケートで皆さんに協力していただきたいです。よろしくお願いします。(2008/12/15)

サッカー・フットサル
「浦和レッズのSWOT分析」について教えてください。
浦和レッズが世界のビッグクラブBest10に選ばれたり、経営面で優れているという話をよく聞くのですが、SWOT分析を行うとどのようになるのでしょうか?「S,W,O,T」それぞれについて詳しく教えてください。(2008/12/15)

マーケティング・企画
SWOT分析について
マーケティングのSWOT分析なのですが、Sの強みとWの弱みはだいたいわかるのですが、Oの機会とTの脅威がいまいちよくわかりません;;どなたか、わかりやすく解説お願いします。例などをつけてくれると嬉しいです。(2006/11/24)

マーケティング・企画
旅行業のSWOT分析
旅行業界についてSWOT分析をしていたのですが、「脅威」と「機会」で息詰まってしましました。「脅威」は、テロや災害で海外旅行者が減少傾向にあること!だと思うのですが、「機会」がどうしても思いつきません。アドバイスを下さい。(2006/01/19)

その他(ビジネス・キャリア)
SWOT分析のような長期戦略に使える分析手法教えてください
はじめまして。経営を進めていく上で実際に使えるSWOTのような、分析手法や、資料の使い方等紹介されている、本や、ホームページがあれば教えてください。よろしくお願いします。(2005/06/07)

オフィス系ソフト
Excel2002のThisWotkbookについて
ある質問をして識者より「ThisWotkbookのWorkbook_Openイベントに下記をコピペする。」云々・・・と教えてもらい分かったつもりで質問を締め切ってしまいました。所がThisWotkbookがどこにあるのか分かりませんでした。よろしくお願いします。(2004/10/03)

コンサルティング
SWOTってどう発音するの?
経営分析の手法で、SWOTというものがありますが、SWOTってどう発音するんですか?教えてください。(2001/12/09)

マーケティング・企画
SWOT分析ってなんですか?
マーケッティング担当の人から「今度SWOT分析しましょう」と言われたのですが、一体どんな分析方法なのでしょう?その筋では当たり前の用語らしくて、気後れして聞きそびれてしまいました。(2000/03/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。