“企業IT”で人気のある記事トップ30

1

Androidの“正規アプリ”4種にスパイウェア混入――業界蒼白の仕組みとは

「Google Play」で公開されていた4種のAndroidアプリにスパイウェアが混入されていたことが判明した。このスパイウェアはどのような仕組みなのか。なぜGoogle Playの審査を通過できたのか。(2017/02/20)


2

iOSとmacOSの“PPTP突然打ち切り”に振り回されるAppleユーザーたち

危ないといわれつつも普及していた主要VPNプロトコルのサポートが突然打ち切りに。急きょ“代役”を探せと言われてもすぐに見つかるものではない。(2017/02/09)


3

IoTマルウェア「Mirai」に新たな亜種、Windowsに感染して拡散攻撃

IoT機器をボット化してしまうマルウェアの「Mirai」の新たな亜種は、感染したWindowsマシンを踏み台にして、ボット化できるIoT機器を探索できてしまうという。(2017/02/15)


4

5

データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視

DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。(2017/02/15)


6

ユーザーテストを軽視しすぎる日本企業の問題点

外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回はリリース前に行われる「ユーザーテスト」に焦点を当てます。世界的に見て、日本企業はユーザーテストを軽視する傾向にありますが、その理由は? そしてどのような問題があるのでしょうか。(2017/02/20)


7

「アンチウイルスソフトは死んだ」発言の真意は

「Firefox」の開発者が発した、「Windows 10ではPC向けのアンチウイルスソフトを買ってインストールするのは不要で、マイクロソフトが提供する無料のアンチウイルスサービスだけでいい」という言葉、果たして真実なのでしょうか。(2017/02/21)


8

街のラーメン屋でも導入できる “月額3万円のAIロボット”の働きぶりは

AIやロボットというと、「大企業が多額の投資をして使うもの」というイメージがあるが、2017年はそれが覆るかもしれない。街の小さな店舗でも気軽に導入できる月額3万円のAIロボットが注目を集めている。(2017/02/18)


9

Microsoft、月例セキュリティ更新プログラムの公開を延期

直前になって問題が見つかり、この日までに解決できなかったことから、公開を延期することにしたと説明している。更新プログラムがいつ公開されるのかは、現時点で明らかにしていない。(2017/02/15)


10

“よくあるファイル命名ルール”でデータ消失の危機?

先日、ソースコードを管理するサービス「GitLab.com」で、管理作業中に誤って本番データベースを削除してしまうトラブルが発生しました。実はこの事件からは、エンジニアでない私たちも学ぶべき点があります。(2017/02/14)


11

Cisco製品多数の部品に不具合 18カ月たつと障害発生、復旧不可能に

あるサプライヤーが製造した部品に不具合があり、現在は正常に動作していても、約18カ月たったころから障害が発生するようになるという。(2017/02/08)


12

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」

「今回、被害に遭っているサイトは、WordPress 4.7.2にアップグレードするまで何度も何度も改ざんされ続ける」とセキュリティ企業は警告している。(2017/02/13)


13

OpenSSLが公開予告、深刻度「高」の脆弱性が存在

日本時間では2月16日夜以降にリリースされる見込みだ。(2017/02/14)


14

私は“これで”コンサルタントをやめて企業のネットワーク技術者になりました

元ネットワーク設計コンサルタントがキャリアを大きく変えてベンダーから一般企業に転職し、念願だった仕事に就いた。どうやって転身に成功したのだろうか。(2017/02/16)


15

音声認識の理想と限界、AmazonやGoogleの技術でも「魔法の呪文」には遠い?

「Amazon Echo」や「Google Home」、Appleの「Siri」のような音声認識はスマートホームIoTの構成要素として急速に定着している。だが音声認識の技術はまだまだ課題がある。(2017/02/12)


16

いまさら聞けない、ワイヤレスアクセスポイントとワイヤレスルーターの違い

ワイヤレスアクセスポイントとワイヤレスルーターの機能の違いを把握していれば、状況に応じて適切なデバイスを選ぶことができるだろう。(2017/02/19)


17

Windows 10をまずは“丸裸”に、究極のセキュリティ強化法とは?

「Windows 10」は恐らくこれまでで最もセキュリティレベルの高いWindowsだ。だが、Windowsをハードニング(堅牢化)することで、システムのセキュリティをさらに強固にすることが可能だ。(2017/02/15)


18

OpenSSLの更新版公開、危険度「高」の脆弱性に対処

更新版の「OpenSSL 1.1.0e」では、認証暗号化方式「Encrypt-Then-Mac」(EtM)の拡張機能に関する脆弱性に対処した。(2017/02/17)


19

Windowsに未解決の脆弱性、Google研究者が情報公開

この問題は、公開が延期された2月の月例セキュリティ更新プログラムで対応される予定だったのではないかとGoogle研究者は推測している。(2017/02/21)


20

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性に対処 直ちに更新を

特にWindowsやMac向けのFlash Playerでは、差し迫った悪用の恐れがあることから、更新を急ぐ必要がある。(2017/02/15)


21

セキュリティの新国家資格に4175人が登録申請、4月スタートの「登録セキスペ」

4月に始まる「情報処理安全確保支援士」(登録セキスペ)の初回登録に、4175人から申請があったという。(2017/02/15)


22

なぜ、人間と人工知能の対話は“破綻”してしまうのか

雑談対話に特化したシステムやアルゴリズム、超指向性マイクなど、最先端の技術を使っても、人間と人工知能が雑談を続けるというのは難しい。インタビューの最終回では、なぜ対話が破綻するのか、そして、それを解決するための研究の最先端に迫る。(2017/02/14)


23

iPhoneのバックアップ情報を盗むマルウェア、Macを狙う亜種が出現

セキュリティ企業では、ロシアの関与が疑われる大規模サイバースパイ活動との関係も指摘している。(2017/02/16)


24

Microsoft、2月の月例更新プログラムは3月分と併せて公開

公開を延期していた2月の月例セキュリティ更新プログラムは、3月の月例更新プログラムと併せて公開する。(2017/02/17)


25

ビル・ゲイツ氏、「働くロボットへの課税で人間を守るべき」

Microsoftの共同創業者で慈善事業家のビル・ゲイツ氏が、人間の労働者に置き換わるロボットに課税することで置き換え速度を抑制し、人間のための職を創るべきだと語った。(2017/02/19)


26

27

28

給料とやりがいの悪魔的なバランス

何やら、部下の働きぶりをちょうどいい具合に管理する“悪魔の囁き”がボスの耳に……。(2017/02/16)


29

30

下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。