“ニュース/ケーススタディ”で人気のある記事トップ30

1

Safariから締め出して金銭を要求、iOSのポップアップ悪用する手口が横行

AppleはiOS 10.3でポップアップ画面の表示方法を変更することによって、この問題に対処した。 (2017/03/29)


2

Google Chromeチーム、Symantec証明書の段階的失効を提案

大手認証局(CA)を傘下に持つSymantecが証明書発行の不手際を繰り返しているとして、GoogleはChromeブラウザでSymantecが発行した証明書の有効期間を短縮するなどの措置を提案した。 (2017/03/27)


3

サプライズが台無し! そんな“ネタバレSNS”から身を守る方法

ネットでいつでもどこでもすぐに情報をキャッチできる便利な時代になりましたが、一方で“ネタバレ”を避けるのも難しくなっています。サプライズを台無しにするSNSから身を守る方法はあるのでしょうか。 (2017/03/28)


4

なぜ新入社員に「最新ITトレンド」を教えなくてはならないのか?

未来を担う新社会人たちに手ほどきすべき「IT教育」とはどうあるべきか? 「最新ITトレンド」を教える意義と、新入社員向け「最新ITトレンド」講義の具体的な進め方を紹介します。 (2017/03/27)


5

Apple、iOSやMacなどの深刻な脆弱性を多数修正

iOS 10.3、macOS Sierra 10.12.4、OS X El CapitanとYosemite向けのセキュリティアップデート、Safari 10.1などの更新版が一挙公開された。 (2017/03/28)


6

コレ1枚で分かる「超高速開発ツール」

人的スキルに頼らず高速なシステム開発ができるといわれる「超高速開発ツール」。そのスピードをフルに生かすためにも、メリットや留意点を理解しておきましょう。 (2017/03/28)


7

JR東日本が山手線に導入した、故障予知の秘密兵器

さまざまなデータがあるものの、まだシステムがバラバラで、分野をまたがった分析などができないというJR東日本。同社は社内のデータを横断的に利用できる、クラウドシステムプラットフォームを構築しようとしている。 (2017/03/29)


8

抽選で「YOGA BOOK with Windows」をプレゼント! ITmedia エンタープライズメルマガ購読キャンペーン

メールマガジン「ITmedia エンタープライズ」の新規購読キャンペーン! 購読申し込みをいただいた方の中から抽選でお1人様に、2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」をプレゼント。ぜひご登録ください。 (2017/02/01)


9

A4用紙を手軽に三つ折りする方法

送り状や納品書、請求書など、A4用紙を均等に三つ折りするのはなかなか難しいものだ。今回は、こうしたA4用紙を手軽に三つ折りする方法を紹介しよう。 (2006/10/04)


10

あなたの会社の人手不足を救うロボットーー「RPA」って何ですか?

「こんな雑用やってられるか!」――職場でこう言いたくなった経験がある人は多いのでは。最近ではこうした仕事を“ロボット”にやらせる「RPA」がトレンドになりつつあるという。業務改革を推進する企業にとって“現実解”ともいえる存在になりそうだ。 (2017/03/23)


11

Symantecの証明書発行に不手際、Googleが対応を要求

Symantecが要求に応じなければ、Google製品でSymantecの証明書が安全とみなされなくなる可能性もあると警告している。 (2015/10/30)


12

画面上でPDFに直接テキストを書き込みたい場合は

PDFで作成した申込書などに画面上でテキストを記入するには、「テキストを追加」機能を使うとよい。いったん印刷して記入したのち再度PDF化するといった手間もなくなる。 (2013/06/10)


13

Cisco IOSの重大な脆弱性、WikiLeaks情報で発覚 数百種類のスイッチに影響

米Ciscoのスイッチなど何百種類もの製品に搭載されている「Cisco IOS」と「Cisco IOS XE Software」に重大な脆弱性が発覚した。 (2017/03/21)


14

15

みずほFGとみずほ銀行、日立のAI活用によるセールス力向上と業務効率化の実証実験を開始

みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行は、日立製作所の協創の下、AIを活用した営業部門のセールス力向上と企画部門の業務効率化に向けた実証実験を行う。業務プロセスを見直し、オペレーションの効率化と高度化による顧客価値創出の実現を目指す。 (2017/03/29)


16

スキャン時にまとまってしまったPDFを分割するには

スキャン時にうっかり1つにまとまってしまったPDFを、複数のPDFに分割するための方法を4つ紹介する。どれもそれぞれ特徴が異なるので、目的に応じて使い分けることで作業を効率化できる。 (2013/11/14)


17

日立、AIを活用した映像解析でリアルタイムに人物発見・追跡する技術を開発

日立製作所は、AIを活用した映像解析で、100項目以上の特徴から人物を判別・発見し、広範囲の映像から足取りを把握できる技術を開発。空港、駅といった大規模施設や街区などの公共空間での警備や防犯システムへの活用を目指す。 (2017/03/28)


18

IT投資、どうすれば経営陣を説得できる? 日本IBMのCTOに聞いてみた

新聞でもAIやFintechといったキーワードが毎日のように取り上げられている今、ITトレンドに興味を持つ企業の経営者が増えつつある。「何か新しいビジネスができないか」と考える“経営陣”に正しくITを伝える重要性は増しているという。 (2017/03/27)


19

SOW(えすおーだぶりゅー)

statement of work / 作業範囲記述書 (2005/08/27)


20

PDFに直接テキストを記入できる無料ソフト3選

PDFで作成した書類を印刷することなく画面上でそのままテキストを書き込める無料ソフトを3本紹介する。 (2014/02/24)


21

Android端末の約半数、2016年中に更新されず

Googleの年次報告書によると、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末は約半数に上った。 (2017/03/24)


22

Webページのスタイルを崩さずにPDF保存する裏技3選

WebページをPDF化するには複数の方法があり、それぞれページの再現度が異なるほか、リンクやしおり、タグの有無といった属性が異なっている。今回は3つの方法それぞれについて特徴を見ていこう。 (2013/09/27)


23

PDFに画面上で電子印鑑を押したい場合は

PDFに電子押印をする場合は、Acrobatの電子印鑑を利用するのが早道だ。外部サービスを利用してリアルな認印を作成する方法も併せて紹介する。 (2013/06/17)


24

デジタル変革に追い付くための、ITモダナイゼーションの「あるべき姿」とは?

レガシーシステムのマイグレーションによる、いわゆる「現代化」は競争力を高めるうえで武器となる半面、実践にあたっては厄介な課題も存在する。現代化に向けた最新動向と、課題解決を支援する取り組みとは。 (2017/03/29)


25

Gmailの添付ファイルは何Mバイトまで?

GoogleのWebメールサービス「Gmail」。無料で利用できるのに受信容量が2.7Gバイトと巨大なことが特徴の1つだ。今回はGmailが添付できるファイル容量を調べてみた。 (2006/12/15)


26

第38回 pipeworkでDockerコンテナに固定IPアドレスを付与する(構築編その1)

ソフトウェア定義型ネットワークを実現する「pipework」のコンテナを実際に使って、ホストOSとDockerコンテナを同一LANセグメントに所属させることで、マルチホストのコンテナ間通信を行う手順を解説します。 (2017/03/28)


27

ハッカー集団がAppleに身代金10万ドル要求、ユーザーの端末をリセットすると脅迫

Motherboardによると、ハッカー集団はAppleが要求に応じなければ4月7日までに一定数のiCloudアカウントをリセットし、被害者のiPhoneなどの端末を遠隔操作すると脅している。 (2017/03/23)


28

Adobe Readerだけでできる、PDFへのテキスト記入方法

既存のPDFに対するテキストの記入は、Adobe Acrobatなどの編集ソフトがなくても、Adobe Readerさえあれば問題なく行える。申込書などをわざわざ印刷してから記入せずとも画面上で入力することが可能だ。 (2015/02/27)


29

Apache Struts 2に深刻な脆弱性、既に攻撃が横行 直ちに更新を

この脆弱性は簡単に悪用でき、既に攻撃が横行しているとの情報もあることから、Apache Struts 2を直ちにバージョン2.3.32または2.5.10.1に更新して、脆弱性に対処するよう呼び掛けている。 (2017/03/10)


30

「iTunes 12.6」公開、複数の脆弱性に対処

更新版の「iTunes 12.6」ではSQLiteとexpatに存在する複数の脆弱性を修正した。 (2017/03/27)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。