“ビジネスリーダー”で人気のある記事トップ30

1

遊びながらプログラミング学べる玩具や教材が続々 ドローンやロボットを動かすプログラム作る

子供たちにプログラミング教育を。そんな国の方針に応じるように、遊びながらプログラミングを覚えていける玩具や教材が続々と登場してきている。 (2017/07/20)


2

LINE、育つか投資の果実 上場から1年、株価は初値を2割下回る

無料対話アプリのLINEが東京証券取引所に上場して、15日で1年がたつ。成長期待は高いが足元の業績は振るわず、株価は、大型案件として注目を集めた上場日の初値を2割下回る。 (2017/07/18)


3

Googleの生産性はなぜ高いのか

なぜ効率化するのか? 仕事を1時間早く終わらせることがゴールではない。 (2017/07/20)


4

「空飛ぶクルマ」実現へ実寸大試作機開発 CARTIVATOR・中村翼代表

自動車や航空機産業で働く若手技術者ら有志の団体「CARTIVATOR」が1人乗り空飛ぶクルマ「スカイドライブ」の開発に挑戦している。 (2017/07/19)


5

建設業界、ユニット化やロボット導入 人手不足補い生産性向上

2020年の東京五輪に向けて再開発工事が急ピッチで進む中、施工現場では人手不足問題が慢性化していることもあって建設コストは高止まり状態が続いている。 (2017/07/21)


6

トレーニングは手段にすぎない! ライザップが提供するのはお客さまの自己実現

「結果にコミットする。」をキャッチコピーに、日本のみならずアジアにも店舗を展開している。お客さまに選ばれ続ける理由について話を聞いた。 (2017/07/19)


7

日立国際電気、全株式907億円でKKRに売却 中核事業に資金集中

非中核事業を切り離して得た資金を、社会インフラやあらゆる機器をインターネットにつなぐIoT事業に振り向ける。 (2017/04/27)


8

中期経営計画のあるべき姿――大変革期における経営計画策定・実行のポイント

自社の10年後、20年後の絵姿は明確だろうか。過去の成功体験に囚われ経営改革ができていない。今の日本企業に多い姿なのではないだろうか。10年後のありたい姿からのバックキャスティングによる計画づくりを試してみてほしい。 (2013/12/09)


9

「ここ一番」に強い人は「相手の脳ミソ」で考えている

伝わる人と伝わらない人がいるジレンマを感じたことがあるだろうか。相手のタイプや志向を把握して、無用なプレッシャーをはねのけよう。 (2013/10/31)


10

満足を超える「感動」で差別化 ザ・リッツ・カールトンの戦略

外資の攻勢によって競争がますます激化するホテル業界。その中にあって、ザ・リッツ・カールトンは質の高いサービスを武器に多くのファンを獲得している貴重な存在だ。CSの向上は、収益面以外の効果にもつながるようだ。 (2008/02/18)


11

個人情報保護法とGDPRの違いとは――EUに事業を展開する企業が知っておくべきこと

2018年、「EU一般データ保護規則」が施行される。新たな規制では個人データの取り扱いに本人の明確な同意が必要になる。EUに事業を展開している日本企業が知るべき規則とは。 (2017/04/18)


12

「いい会社」に共通する4つの特徴

財務的業績が高い会社、超長寿企業、働きがいのある会社に共通する特徴は、どの会社でもできそうでできないこと。 (2010/08/12)


13

オリンピック4大会連続出場を成し遂げた松田選手の「自超力」とは

0.01秒単位で記録を縮め、世界で結果を出すために考えたこと、変えていったこと、壁を乗り越えるために必要だったこと。 (2017/07/13)


14

最高の1本に出会う

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。 (2017/07/20)


15

解説 ITで儲けるための仕組みづくり

儲かるITを実現するためには、「仕組み」やそれを使う「人」に目を向けなくてはならない。シンプルで高品質のデータ活用の仕組みが現場の収益活動に貢献する。 (2010/04/06)


16

トヨタ、AI強化に113億円 米子会社通じベンチャー投資

トヨタ自動車やホンダなど国内大手自動車が人工知能の開発強化に向けた投資戦略を矢継ぎ早に打ち出している。 (2017/07/13)


17

マーケティングの工夫が成功の鍵 食品メーカー

「日本の食べ物は美味しい」日本人ばかりでなく、海外から日本に訪れた外国人の多くが共通に持つ日本での感想である。しかし、日本の食品メーカーの海外売上高比率は決して高くない。 (2012/12/03)


18

仕事を「見える化」すると健全経営に!

現在のようなマーケット縮小時代は「正しく決定する」よりも、「早く決定する」が求められる。今成功したことが、半年後は失敗するかもしれない。「答えは1つ」ではない。 (2017/07/06)


19

ソフトバンク、AI世界戦略加速 米ロボット開発会社を買収

将来性の高さが注目される世界の企業への投資を次々と実現させている格好だ。 (2017/06/12)


20

「ヘッドハントされた」が自慢になるという勘違い

「転職して2年くらいたつとヘッドハンターのBさんがいつも声をかけてきてくれて、『そろそろ飽きたでしょ。Aさんのためにいいポジション探してきましたよ』と僕をヘッドハントするんです」と自慢げに話してくれました。 (2011/01/28)


21

ビジネスリーダーは、プレゼン力を鍛えよう

会員だけが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いて少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。 (2017/04/07)


22

自動車産業で今後起こるDisruptiveな革新とシンガポールのポテンシャル――モビリティ・自動運転・デジタル化・EVの潮流

車両技術の発展にとどまらず、新たなサービスが出現し、移動方法やクルマの持ち方、関わり方までが変化する、プレイヤーや業界構造を根幹から変える劇的な革新が予想される。 (2017/07/10)


23

「ソーシャルスタイル思考」で人間関係のストライクゾーンを広げる

「苦手だな」と思う人が誰にでもいるだろう。しかし苦手だと感じるのは相手に問題があるわけではなく、あなたのルールで相手を評価しているだけ。「相手のルール」に合わせたコミュニケーションを実践してみてはいかがだろうか。 (2014/01/09)


24

日本で培った力を生かす 外食産業のアジア市場進出における成功要因

「クールジャパン」が象徴するように、日本の文化が海外に広まりつつある。日本食も一つのブームとして、海外にビジネスを展開する日本の外食企業は増加しつつある。中でも近年ホットなのが、アジア市場である。 (2013/05/20)


25

5年後「必要な人材」でいられる自信はありますか?

「求められる人」には共通点がいくつかあり、それは誰にでもできるようなほんのちょっとしたこと。物事をどう考えるか、それに基づいてどう行動するかである。 (2013/08/15)


26

戦略を実行する第2ステップ―組織の成功循環モデルを知り、リーダーシップを強化する

組織の循環モデルには、グッドサイクルとバッドサイクルがある。リーダーの行動変革を通して、部下との信頼関係を築き「関係の質」を高めることでグッドサイクルを目指す。 (2011/12/05)


27

社員教育用マニュアルの作成

自分の業務を遂行するために、どのように職務分担が行われるべきか討論するとよい。どのような責務があるのか認識できるだろう。 (2012/10/15)


28

スバル、高速同一車線で自動運転 2車種に搭載 価格上昇は数万円に抑える

国内で販売、または販売予定の自動車をめぐり、自動運転機能の搭載が増えている。 (2017/06/19)


29

「ユニクロ」商品開発迅速化 1年から2週間へ AI・ビッグデータを活用

ITを駆使し、顧客の要望に迅速に対応した商品供給態勢に切り替える。 (2017/01/26)


30

今こそ問われる新規事業開発の在り方

製品・サービスの陳腐化が加速度を増す中、新規事業開発の重要性が増している。ありがちな失敗パターンは、在るべき開発プロセス・体制は何かを探る。 (2013/10/21)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。