“ビジネスリーダー”で人気のある記事トップ30

1

激戦、電動アシスト自転車 需要期控え“新車”ラッシュ

電動アシスト自転車で新商品投入が相次いでいる。需要が伸びる春の入学シーズンに向け購買意欲の喚起につなげる狙いだ。(2017/01/18)


2

「スマート工場化」へ製品続々 倉庫の商品を間違えずに選び出せる眼鏡など

工場や物流拠点の効率化につながる製品やサービスが増えている。(2017/01/19)


3

ITが「働き方改革」先導 AIで離職予想や労務管理、VR活用も

先端テクノロジーを駆使した取り組みがどこまで新たな働き方につながるか、注目だ。(2017/01/23)


4

ドライバーの急病発生時に車を自動停止 マツダが新技術導入へ

マツダが、運転中の急病発生時などのリスク回避に自動運転技術を適用する方向で検討していることが16日、明らかになった。(2017/01/17)


5

インターネットサービスだからこそ実現できる、より本質的な価値の提供、独自システムによる細やかなサービス

どうやったら世の中に新たな「あたりまえ」を提供できるのか、利用し続けてもらえるのかを常に考え、顧客満足度を高める取り組みを行っている。(2017/01/18)


6

「アリさんとキリギリス」――イノベーション人材をどう生かすか?

「怠け者」のレッテルを貼られてきたキリギリスの活躍の場が増えている。それまで美徳とされてきたアリの習慣や価値観がマイナスに働く場面も増えてきた。その背景となる環境変化とは。(2017/01/19)


7

経営戦略の一環としての働き方変革――IT活用で生産性向上や組織のスピード化を実現

いつでも、どこでも仕事ができる環境の構築で、働き方を変革することができる。そのためには、ITの活用が不可欠である。それでは、どのようにITを活用して働き方を変革すればよいのだろうか。(2017/01/17)


8

残業ゼロでも目標達成!! 本気の「職場の時短術」

ムダなことを効率的にやることほど、ムダなことはない。やめても成果に影響しないことは、勇気をもってやめる、これこそが生産性を高める絶対条件だ。(2017/01/12)


9

中期経営計画のあるべき姿――大変革期における経営計画策定・実行のポイント

自社の10年後、20年後の絵姿は明確だろうか。過去の成功体験に囚われ経営改革ができていない。今の日本企業に多い姿なのではないだろうか。10年後のありたい姿からのバックキャスティングによる計画づくりを試してみてほしい。(2013/12/09)


10

【第1回】“チームワーク後進国”になってしまった日本

本連載は「チームワーク」をテーマに、新しい組織マネジメントの仕組みとその可能性を検討していきます。(2011/10/18)


11

小型ロボで天井裏点検 千葉工大、大成建設とシステム開発

千葉工業大学は、大成建設と共同で小型ロボットを使った天井裏点検システムを開発した。(2017/01/24)


12

満足を超える「感動」で差別化 ザ・リッツ・カールトンの戦略

外資の攻勢によって競争がますます激化するホテル業界。その中にあって、ザ・リッツ・カールトンは質の高いサービスを武器に多くのファンを獲得している貴重な存在だ。CSの向上は、収益面以外の効果にもつながるようだ。(2008/02/18)


13

解説 ITで儲けるための仕組みづくり

儲かるITを実現するためには、「仕組み」やそれを使う「人」に目を向けなくてはならない。シンプルで高品質のデータ活用の仕組みが現場の収益活動に貢献する。(2010/04/06)


14

「いい会社」に共通する4つの特徴

財務的業績が高い会社、超長寿企業、働きがいのある会社に共通する特徴は、どの会社でもできそうでできないこと。(2010/08/12)


15

太陽光発電で電力安定供給 積水化学と京セラ、屋内型蓄電システム開発

積水化学が開発した大容量フィルム型リチウムイオン電池の事業化第1弾で、京セラの太陽光発電の電力を効率よく充電できるハイブリッド型パワーコンディショナーと組み合わせてシステム化した。(2016/12/13)


16

マーケティングの工夫が成功の鍵 食品メーカー

「日本の食べ物は美味しい」日本人ばかりでなく、海外から日本に訪れた外国人の多くが共通に持つ日本での感想である。しかし、日本の食品メーカーの海外売上高比率は決して高くない。(2012/12/03)


17

日本文化に根差した製品 ウォシュレットで真のグローバル企業へ転身できるか? TOTO

 日本食、アニメ、ゲームといった日本文化に深く根差した商品、サービスが徐々にグローバルに広がっている。日本文化に根差した製品の1つにウォシュレットがあるが、TOTOはこの製品を軸に真のグローバル企業へと転身できるであろうか?(2013/03/13)


18

第6回 弛まずTransformし続けるための取り組み

「当社も、私自身も発展途上にある」、松崎取締役会議長と話している際に何度となく筆者はこの言葉を聞いた。Transformし続けようとする企業の経営者として、非常に謙虚な姿勢を持ち続けていることの表れと感じる。このような自己認識こそが、進化し続ける企業の経営者として不可欠なのであろうが、これを企業活動に反映させて継続することは容易ではない。本連載の最終回として、今回はコニカミノルタがGoing Concernとして進化し続けるためにどのような取り組みを行っているのかを考察してみたい。(2017/01/12)


19

2020年に向けた日本の製造業の方向性――オープン&クローズ戦略に基づく「伸びゆく手」

今後のビジネスは付加価値の高い製品を守りながら、いかに世界中に普及させていくかが重要となる。これを実現するのが、オープン&クローズの知財マネージメント戦略思想である。(2014/09/09)


20

羽田空港で最新ロボ実証実験 移動支援や旅客案内、20年に実用化へ

国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれ、利用客の目を楽しませている。(2017/01/11)


21

戦略を実行する第2ステップ―組織の成功循環モデルを知り、リーダーシップを強化する

組織の循環モデルには、グッドサイクルとバッドサイクルがある。リーダーの行動変革を通して、部下との信頼関係を築き「関係の質」を高めることでグッドサイクルを目指す。(2011/12/05)


22

VUCAワールドを勝ち抜くために経営者は何をするべきか?

企業を取り巻く環境は大きく変わっている。2000年代前半ですら、インターネットの急速な普及や情報技術の進展により、その前とは大きく変わっている。この10年間の変化は更にスピードを速めている。(2014/12/15)


23

今こそ問われる新規事業開発の在り方

製品・サービスの陳腐化が加速度を増す中、新規事業開発の重要性が増している。ありがちな失敗パターンは、在るべき開発プロセス・体制は何かを探る。(2013/10/21)


24

「ヘッドハントされた」が自慢になるという勘違い

「転職して2年くらいたつとヘッドハンターのBさんがいつも声をかけてきてくれて、『そろそろ飽きたでしょ。Aさんのためにいいポジション探してきましたよ』と僕をヘッドハントするんです」と自慢げに話してくれました。(2011/01/28)


25

育成というけれど、いったい何をするべきなのか

メンバーが自律的に成長し続ける組織を望んでいるマネジャーは多いだろう。手取り足取り指示を出すのではなく自ら考える挑戦機会を提供し、学ぶ。成長のサイクルを回し続ける方法とは。(2013/12/04)


26

ソフトバンク 「LoRaWAN」使ったIoT 設備とサービス一体提供

ソフトバンクは、今年度中から、高速移動通信回線「LTE」の10分の1以下の電力で使えるIoT向けの無線通信規格「LoRaWAN(ローラワン)」を使ったIoT環境の構築を提供する事業を始める。(2016/10/31)


27

一部の指導者は知っている、「ゆとり世代」を即戦力に育てる魔法

「理屈っぽい」「やる前から言い訳をする」「夢ばかりを語る」などといわれているが、それには理由がある。理由を理解すれば大きく飛躍することができる。(2012/05/24)


28

5年後「必要な人材」でいられる自信はありますか?

「求められる人」には共通点がいくつかあり、それは誰にでもできるようなほんのちょっとしたこと。物事をどう考えるか、それに基づいてどう行動するかである。(2013/08/15)


29

Logistics 4.0――物流ビジネスにおける新たなイノベーション

ロジスティクスは、今までに3つの革新的変化を遂げてきた。第1の革新は、19世紀後半から20世紀にかけての「輸送の機械化」。第2の革新は、1960年代からの「荷役の自動化」。第3の革新は、1980年代からの「物流管理のシステム化」。そして、進みつつある第4の革新「Logistics 4.0」は?(2016/02/03)


30

「儲かりますよ」はチャンスを失っている

一緒に仕事をするなら結果を出している人。「あなたと仕事をしたい」と思ってもらうにはどんな話し方がいいのか?(2017/01/06)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。