“AV機器”で人気のある記事トップ30

1

USBバスパワーで動作する3980円のデスクトップ用アンプ、NFJ「UPA-D152J」

ノースフラットジャパンは、デスクトップ用のデジタルアンプ「UPA-D152J」を7月28日に発売する。(2016/07/26)


2

先端ガジェットが集まる「+Style」に11製品が登場――軍事技術を応用したディスプレイ付きゴーグルなど

もの作り支援プラットフォーム「+Style」に8月に登場予定の新製品がお披露目された。軍事技術を応用したウェアラブルグラスなど、11製品が新たにラインアップに加わる。(2016/07/27)


3

「作画資料写真集 女子部屋」

写真集としても、作画資料集としても。(2016/07/27)


4

クリーニングいらず? 微細な水滴でドライコースを変えたシャープのドラム型洗濯機

シャープは新しいドラム型洗濯機「ES-ZP1/ZH1」を8月上旬に発売する。おしゃれ着の痛みを抑えつつ洗浄力を向上させた「ホームクリーニングコース」を新たに搭載した。(2016/07/27)


5

4K大画面で味わう「火花」の臨場感と面白さ

「NETFLIX」で配信されている話題のオリジナルドラマ「火花」を3日間かけて一気に観た。当方の予想を上回るチャーミングな演出に触れ、心を完全につかまれてしまったのだ。(2016/07/27)


6

低速回転のCD専用モードとバランス出力を新搭載、ヤマハのユニバーサルプレーヤー「BD-A1060」登場

ヤマハは、Blu-ray Discプレーヤーの新製品「BD-A1060」を8月下旬に発売する。今回は回転数を約20%落として読み取り精度を上げるCD再生モードやXLR 2ch出力など、主にオーディオ再生機能をアップデートした。(2016/07/26)


7

「もっと自然界に近づける」――“テレビ選びの新基準”を目指す「ドルビービジョン」

ドルビージャパンがプライベートイベント「Dolby Vision Day 2016」を開催し、HDR技術「ドルビービジョン」を改めてアピールした。2017年にはドルビービジョン対応のUHD BDプレーヤーが出てくる見通しだという。(2016/07/27)


8

坂道もスイスイ上る「チャージトミカ」新登場

タカラトミーがダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新製品として「トミカシステム チャージトミカ パトロールカーセット」を発表した。(2016/07/27)


9

F2.8通しの標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が1位

マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/07/26)


10

iPhoneと連動するスマートな照明器具、ソニーの「マルチファンクションライト」導入記

ソニーの「マルチファンクションライト」がわが家に届いた。ソニーが得意とするセンサーやネットワーク技術を詰め込んだユニークなシーリングライトだ。今回は取り付け方から便利な機能までを紹介していこう。(2016/07/25)


11

オールジャンルに活躍する5倍対応の標準ズーム――ニコン「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」

レンズ交換は一眼レフの大きな利点だが、交換する時間と手間を省き、レンズ1本のみで済ませたいケースもあるだろう。そんなときに役立つ、ニコンDXフォーマットの5倍ズームを試してみよう。(2016/06/22)


12

「国旗に興奮する」「壁や天井になりたい」 深すぎる女性オタクの世界

女性オタクたちに、作品との距離感や、オタクになってから身についた特殊能力について聞きました。(2016/07/25)


13

一眼ランキングまた首位が交代、キヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」1週で返り咲き

デジタル一眼ランキングは、またトップが替わった。先週、ニコン「D5500 ダブルズームキット」に奪われた1位の座をキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が奪い返した。(2016/07/25)


14

ふとん掃除でガチ比較!  レイコップ vs. ダイソン

ふとんをきれいな状態に保つための“普段使い”を前提として、「ふとんクリーナー」の代表格であるレイコップとダイソンの掃除機を比較。その威力と使い勝手を検証していこう。(2014/09/22)


15

お部屋でまったりハイレゾ再生! 入門にも最適な据え置き型コンポ4タイプ

一口にハイレゾといっても、拡張性に優れたUSB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプから、手軽な一体型オーディオシステム、アクティブスピーカーなど視聴スタイはさまざま。今回はタイプ別に入門から応用まで対応できる選りすぐりの製品たちを紹介していく。(2015/12/11)


16

シャープさと柔らかさのうまみを味わえるポートレート用レンズ――タムロン「SP 85mm F/1.8 Di VC USD」

タムロンのSPシリーズに加わった、ポートレート撮影のために生まれた中望遠レンズ「SP 85mm F/1.8 Di VC USD」を試した。ポートレートはもちろん、テーブルフォトやスナップでも使いたくなる写りだ。(2016/07/22)


17

第186回 曇天と水着とアングルの関係

回数を見て「ん?」と思った人もいるかもしれないが、1年ぶりとなったデジカメ撮影術は、13回目を迎えた海辺での水着撮影なのである。残念ながら今年は天気に恵まれなかったが、曇りなら曇りでいろいろと撮りようがあるのだ。(2016/07/18)


18

キヤノン「EOS-1D X」が首位を継続 11週連続でランクイン中

マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/07/26)


19

米Sony、「Backlight Master Drive」を搭載した4Kブラビア「Z9D」を発売へ――7000ドルから

米Sonyは、1月の「CES 2016」に参考展示された新しいバックライト技術「Backlight Master Drive」を採用した初めての4Kテレビ「Z9D」シリーズを発売する。(2016/07/21)


20

クラリオン、ハイレゾ対応のフルデジタルヘッドフォン「ZH700FF」を発表

クラリオンは、フルデジタルヘッドフォン「ZH700FF」を発表した。Dnote技術に独自のエッジレス平面駆動振動板を組み合わせた意欲作だ。(2016/07/25)


21

22

1000の脚が集う魅惑の空間「ふともも写真の世界展」

ふとももパラダイスでなにも考えられません。(2016/04/09)


23

最高峰スピーカーの実力を引き出す――マランツの小型アンプ「HD-AMP1」

マランツの「HD-AMP1」は、幅304mmのコンパクトなUSB-DAC内蔵プリメインアンプだが、その実力を侮れない。B&Wの高級スピーカーをつないでみたところ、その実力をあっさりと引き出した。(2016/02/26)


24

待望の“ストリートフォト一眼”「LUMIX GX7 Mark II」はどこが進化した?

“大人のマイクロフォーサーズ”として開発された「LUMIX GX7」の後継モデルとして、「LUMIX GX7 Mark II」が登場。ちょっと大ぶりだった「LUMIX GX8」とは異なり、GX7とほぼ変わらない大きさに最新のスペックを搭載している。(2016/05/18)


25

2000ミリ相当まで突き抜けた光学83倍ズームが笑うほど面白い――「COOLPIX P900」

ニコンの「COOLPIX P900」に触れると、「もう降参です」としかいいようがない。この突き抜けた超高倍率ズーム搭載カメラの実力をじっくりと探ってみたが、この面白さはとにかくすごい。(2015/04/17)


26

フォステクス、プレミアムヘッドフォン「TH900mk2」にバランスケーブルなどをセットにした「バリューパック」発売

フォステクスは、 同社のプレミアムヘッドフォン「TH900mk2」にオプションのバランス接続ケーブル「ET-H3.0N7BL」および交換用イヤーパッド「EX-EP-91」をセットにした「TH900mk2VPバリューパック」を発表した。8月上旬に発売する。(2016/07/25)


27

机の上の小さな贅沢――ティアック「HR-X101」でハイレゾやアナログレコードを聴いてみる

ティアックの「HR-X101」は、デスクトップに置けるコンパクトなハイレゾ対応システム。初心者にもとっつきやすいシンプルな操作性とサイズを超えた音が特徴だ。さらに今回は、アナログターンテーブルの新製品「TN-570」とデジタル接続してレコードも聴いてみよう。(2016/02/24)


28

ヤマハのDSP 30周年を記念した新音場プログラムが登場――AVアンプ“AVENTAGE”が第6世代に

ヤマハは、ハイグレードAVアンプ“AVENTAGE”(アベンタージュ)の新製品3機種を8月上旬から順次発売する。高剛性シャーシを用いたハイグレードラインの第6世代機だ。(2016/07/22)


29

アートな4Kテレビ? ビエラ「DX800シリーズ」が新登場

パナソニックは、4Kテレビの新製品「DX800シリーズ」を8月下旬に発売する。コンセプトは「Art&Interior」。背面のケーブル処理にも気を配った。(2016/07/21)


30

「RX100」「RX100M2」「RX100M3」は何が違う? どれが買い? 徹底検証

ソニーのコンデジ「RX100」「RX100M2」「RX100M3」は、後継モデルというわけではなく、併売されている製品。ではそれぞれは何が違い、どんな特徴があるのか。“買い”のモデルはどれなのか。撮り比べて確認した。(2014/08/14)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。